ニュース

Apple第1四半期決算は過去最高に。iPhone/Apple Watch/Apple TV販売台数の記録更新

 米Appleは26日(現地時間)、2016年度第1四半期(2015年10〜12月)の業績を発表した。売上高は759億ドル(前年同期746億ドル)、純利益は184億ドル(同180億ドル)で、ともに過去最高となった。売上総利益率は、40.1%(前年同期は39.9%)。米国市場以外の売上比率は66%。

 売上に貢献したのは、販売台数が過去最高となったiPhone、Apple Watch、Apple TV。ティム・クックCEOは「私たちのチームはAppleの過去最高の四半期を達成した。これに貢献したのが世界で最も革新的な製品と、iPhone、Apple WatchそしてApple TVの過去最高の販売台数。当四半期、Services事業の成長が加速し、過去最高の業績を生み出すこととなった。また、市場で実際に使われている当社製品の数であるインストールベースは最近、重要な節目となる10億台を超えた」としている。

 iPhoneの販売台数は7,477万台(前年同期7,446万台)に増加。iPadは1,612万台(同2,141万台)で減少した。Macの販売台数は531万台(同551万台)。売上高はiPhoneが516億ドル(前年同期は511億ドル)、iPadが70億ドル(同89億ドル)、Macが67億ドル(同69億ドル)。

 Apple WatchやiPod、Apple TVは「その他」扱いで台数や個別の売上は公開していない。その他全体の売上高は前年同期比約61%増の43億ドルだった。Apple PayやApp Storeなどのインターネットサービスの売上は60万ドル(前年同期47万ドル)。

(中林暁)