◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ニコニコ動画、投稿動画の解像度/レート制限撤廃

−(ββ)から「ニコニコ動画(9)」へバージョンアップ


新しいロゴマーク

10月29日バージョンアップ

 

 株式会社ニワンゴは、運営する動画共有サイト「ニコニコ動画(ββ)」を10月29日に、「ニコニコ動画(9)」(にこにこどうが きゅう)へとバージョンアップすると発表した。

 「ニコレポ」や「ウオッチリスト」などの新機能が追加されるほか、有料のプレミアム会員は、動画投稿の際にビットレートや解像度などの制限が無くなり、さらに高画質な動画が楽しめるようになる。ただし、アップロードファイルのサイズ制限100MBは従来と同じ。

ニコレポのイメージ
 目玉機能は「ニコレポ」と呼ばれるもので、マイリストの情報やコミュニティの情報など、ニコニコ動画上の自分に関連する情報を集めたレポートのようなもの。マイページから確認でき、マイリストへの動画の登録や、ユーザー生放送の開始などの行動が、レポートとして一覧表示される。

 この情報は全てのユーザーに対して公開可能で、公開しているユーザーの「ニコレポ」を「ウオッチリスト」に追加する事ができる。例えば好きな動画投稿者をウオッチしておけば、その人が新しい動画を投稿した、生放送を始めた、などの情報をニコレポで知る事ができる。

 自分のニコレポは、「本人しか見られない」設定にする事も可能。マイリストへの動画登録、ニコ割ゲームに参加、生放送の開始、ニコニ広告の利用などの行動が残されるほか、投稿した動画に対する他のユーザーの情報(動画の再生やコメント、マイリストでのキリ番の達成など)を見る事もできる。


動画再生後に表示されるメニューアイコン
 動画再生機能も強化。動画再生後にメニューアイコンが表示されるようになり、「同じ動画をもう一度再生する」、「この人の他の動画を再生する」、「動画を宣伝する」、「ブログに貼り付ける」などの機能が利用できるようになる。

 さらに、気に入った動画を登録する「マイリスト」機能に、より気軽に登録できる「とりあえずマイリスト」を追加。プレミアム会員は500件、一般会員は100件まで登録でき、500件、もしくは100件を超えると古いものから順番に消えていく。登録の際に、感想などのひとことコメントをメモしておく事も可能。

 「ニコニコ生放送」では、「世界の新着動画」という、その日に投稿された新着動画を「ニコニコ生放送」で視聴する番組がスタート。その日に新しく投稿された動画がランダム再生され、1つの動画を30秒間再生した後、このまま視聴するか否かのアンケートが表示。「いいえ」が多いと次の動画へスキップする。

 動画のカテゴリも強化され、複数のカテゴリをまとめて見やすくした「カテゴリグループ」を新設。「エンタ・音楽・スポ」、「教養・生活」、「政治」、「やってみた」、「アニメ・ゲーム」、「アイマス・東方・ボカロ」が設けられる。また、従来のカテゴリ項目もブラッシュアップされる。

 ランキングのTOPページでは、動画の再生数、コメント数、マイリスト数、宣伝ポイントの各要素を集計した、カテゴリグループ別20位までの総合ランキングを新設。時報などが流れるマーキーエリアに「ニコレポ」情報を流す機能や、RSSリーダー機能、ユーザー生放送の開始を知らせる「生放送アラート」なども追加された。ほかにも、外部プレーヤーが全開放され、どのサイトからも利用できるようになった。プロフィール画像の変更など、細かな機能追加も行なわれる。



(2009年 10月 28日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]