◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

BDA、4層/最大128GBの拡張Blu-rayディスク「BDXL」

−BDレコーダ展開も検討。1層ROM+REの「IH-BD」も


4月3日発表(現地時間)


 Blu-ray Disc Association(BDA)は、Blu-ray Discを拡張して最大128GBまで大容量化する「BDXL」と、BD-ROMと書き換え型のBD-REのハイブリットディスク「IH-BD」を規格化することを発表した。今後数カ月内に規格化作業を完了する予定。

 BDXL(High Capacity Recordable and Rewritable discs)は、主に放送や医療、データアーカイブなどの業務向けの追記/書き換え型ディスクとして規格化する。記録層は最大4層(通常のBD-ROM/R/REは2層まで)で、追記型ディスクとしては100(3層)/128GB(4層)まで、書き換え型としては100GBまでの拡張が可能となる。

 また、コンシューマ向けのBDXLについても検討されており、「特にBDレコーダが普及している地域における、レコーダ用途を想定している」としている。

 「IH-BD(The Intra-Hybrid Blu-ray Disc)」は、1層のBD-ROMと1層のBD-REを1枚のディスクで実現するもの。各層の記録容量は従来と同様に25GBで、映画などのコンテンツと、関連するパーソナルデータなどを1枚のディスクに記録できる点が特徴。

 なお、BDXLとIH-BDのいずれのメディアも、再生や記録には対応機器が必要となる。ただし、既存のBlu-ray Disc技術の拡張として規格化されるため、将来発売されるBDXL、IH-BD機器では既存の25/50GBディスクの再生は可能となる見込み。


(2010年 4月 5日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]