◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

【CES】ゼンハイザー、オープン型の上級機「HD700」

−オーディオテクニカは50周年モデルなど


 CESのメイン会場となるLVCCでオーディオ系メーカーが集まっていたサウスホールだが、今年は若干その数が減ったようだ。ただし、ゼンハイザーやオーディオテクニカなどのヘッドフォンメーカーは引き続き、サウスホールに出展している。


■ ゼンハイザー

ゼンハイザーブース

 ゼンハイザーは、オープン型ヘッドフォンの上位モデル「HD700」を発表した。3月の発売を予告しているが、日本で同時期に発売されるかどうかはわからないという。

 同社のフラッグシップモデル「HD800(実売15万円)」のノウハウなどを盛り込んだオープン型のダイナミックヘッドフォン。価格は999ドル。振動板は40mm径Duofolで、再生周波数帯域は10Hz〜42kHz、出力音圧レベルは102dB。インピーダンスは150Ω。ケーブルは着脱可能で、ケーブル長は3m。プラグはステレオ標準。

 HD800とデザインに共通点が多いものの、バッフル部の大きさなどはかなり異なっており、カラーリングもダークシルバー系となったため、実際にうける印象はかなり異なっている。

 会場でも展示機だけでなく、試聴ブースも設けており、HD800との比較のほか手持ちのプレーヤーでも聴くことができるとあって、人気を集めていた。


HD700 HD800と比較するとデザインイメージは踏襲しているものの、かなりの違いが感じられる
HD700 HD700のイヤーパッド ケーブル部
Amperior

 また、DJヘッドフォン「HD25」の後継モデルとなる「Amperior」も3月より発売。価格は350ドル。カラーはシルバーとブルーの2色を用意する。

 小型の密閉型ヘッドフォンで、片耳モニターも可能。再生周波数帯域は16Hz〜22kHz、出力音圧レベルは120dB、インピーダンスは18Ω。ケーブルは脱着可能で1.2mのケーブルが付属。iPhone/iPodコントロール用のリモコンも付属する。重量は190g。


ヘッドバンドも可動 ハウジングはHD25のイメージを踏襲 Amperior(blue Version)

■ オーディオテクニカなども出展

50周年モデルなどヘッドフォン新製品を展示

 オーディオテクニカもサウスホールに出展。50周年記念モデルや、ノイズキャンセルヘッドフォンなど新イヤフォン/ヘッドフォンを多数展示。また、マイクや、USB接続対応のターンテーブルなども出展している。


ATH-CKW1000ANV ノイズキャンセルヘッドフォン4モデルを展示 AT-LP1240-USBでDJプレイデモ

 beyerdynamicブースには新製品はなかったものの、ポータブルヘッドフォン「T 50 p」の着せ替えモデル「T 50 p Manufaktur」などを展示していた。

T 50 p Manufaktur カラフルなバリエーションを持つ新興メーカーの展示も目立った SMS Audioはラッパーの50セントとのコラボモデルなど

(2012年 1月 13日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]