ニュース

JOBY、GoProなどを充電しながら撮影できる手持ちグリップ。スマホ用マウントも

 ハクバ写真産業は、ゴリラポッドで知られるJOBYブランドの新製品として、GoProなどのアクションカメラを充電しながら手持ちで長時間撮影できる「アクションバッテリーグリップ」を19日から発売した。価格はオープンプライス。直販価格は11,470円(税込)。

アクションバッテリーグリップ
GoProなどアクションカメラのUSB充電ができる

 GoProやContour、ソニーのアクションカムを取り付けられるハンドグリップ。先端にGoPro用マウントを装備し、1/4インチカメラネジアダプターが付属する。2,600mAhのバッテリを内蔵しており、側面のUSB端子にUSB充電ケーブルを挿してアクションカメラやスマートフォンを充電可能。外形寸法は30×60×179mm(縦×横×高さ)で、重量は165g。

 グリップの底面には1/4インチカメラネジ穴を備え、別途用意した三脚などさまざまなアクセサリに取り付け可能。落下防止用のハンドストラップも備える。

スマホ充電も可能
底面にハンドストラップとカメラネジ穴

スマホを三脚や自転車ハンドルに取り付けられるマウント

 スマートフォンを三脚に固定できるマウントとゴリラポッドのセットや、スマホを自転車に固定できるマウントなど、JOBYブランドの4製品も発売。「グリップタイト バイクマウントPRO&ライトパック」は2月中旬発売で、それ以外の3製品は19日より発売している。いずれも価格はオープンプライス。

グリップタイトマウントPROの使用イメージ
グリップタイトマウントPRO

 「グリップタイトマウントPRO」は手持ちのスマートフォンを別途用意した三脚や雲台に取り付けられるマウントで、直販価格は5,530円(税込)。樹脂コーティングされたステンレススチール製のプレートを採用し、スマホの向きを縦横どちらにも変えることが可能。

 対応するスマートフォンの幅は56〜91mmで、iPhone 6s PlusやGalaxy Noteなどの大型スマホも利用可能。ケース付きスマホもしっかり固定できるという。マウントには1/4インチカメラネジが付いている。外形寸法は76×53×68mm(幅×奥行き×高さ)、重量は108g。

マウントの裏側
スマホを縦向きにも固定可能
グリップタイトゴリラポッドスタンドPRO

 「グリップタイトゴリラポッドスタンドPRO」は前出のグリップタイトマウントPROと、アングルフリーな小型三脚「ゴリラポッド」のセット。直販価格は9,990円(税込)。脚を閉じてマウント部が縦向き最大時の外形寸法は76×54×297mm(幅×奥行き×高さ)。重量は244g。

 「グリップタイト バイクマウントPRO」は、スマートフォンを自転車のハンドル部に固定できるマウント。直販価格は9,990円(税込)。22.2〜35mm径のハンドルに取り付けでき、スマホ用のマウント部とハンドル固定部を外すことも可能。マウントには1/4インチカメラネジが付属する。

グリップタイト バイクマウントPRO
22.2〜35mm径のハンドルに取り付けられる

 「グリップタイト バイクマウントPRO&ライトパック」は、グリップタイト バイクマウントPROにフロント用ホワイトライトとリア用レッドライトを同梱したキット。直販価格は16,470円(税込)。ライトは1/4インチカメラネジでマウントに取り付けられるほか、ストレッチバンドで自転車に直接取り付けることもできる。電池(CR2032)は別売。

グリップタイト バイクマウントPRO&ライトパック
リア用レッドライト

(庄司亮一)