◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

NHKオンデマンドが2010年4月にFlash対応へ

−MacやFirefoxでも再生。字幕対応など大幅強化


字幕番組のイメージ

12月3日発表


 日本放送協会(NHK)は3日、有料VODサービス「NHKオンデマンド」において、PC向けサービスを2010年4月からFlash Video対応にするなど、大幅に強化する方針を発表した。

 NHKオンデマンドは2008年12月からサービス開始したが、PC向けサービスでは、利用できるOSがWindowsのみ、ブラウザがInternet Explorerのみに限定されていた。

 こうした問題を解消するため、2010年4月にFlash Videoによる映像配信に切り替える。これにより、Mac OSなどのWindows以外のOS、FirefoxなどのIE以外のブラウザでも利用可能にする。また、ビットレートも現在配信中の768kbpsと1.5Mbpsに加え、384kbpsも追加。より低速な回線での利用も可能となる。

データ放送画面から直接NHKオンデマンドを呼び出し可能に

 またFlashへの切り替えにあわせて、PC向けの見逃し番組の一部で字幕を付与。4月のスタート当初は、1日4〜5番組を字幕対応とする。字幕は表示/非表示の切り替えも可能で、将来的な対象番組拡大も検討していくという。

 加えて、新しい放送/通信連携機能を使った、テレビ向けのアクトビラやCATVの「NHKオンデマンド」のトップ画面への遷移機能も12月1日より追加。対応の受信機において、データ放送上のボタンを押すだけで、NHKオンデマンドサービスに遷移できる機能を追加している。


 


■ コンテンツも強化。篤姫の第1話無料配信など

 コンテンツの強化にも取り組み、2010年1月には、2008年の大河ドラマ「篤姫」やドラマスペシャル「白洲次郎」も特選ライブラリーで配信。篤姫は、NHKオンデマンドで最も頻繁に有無を検索された番組、白洲次郎は、見逃し番組サービスで配信したドラマのうち「天地人」に続いて視聴回数が多かった人気番組となる。

 こうした人気の高い番組を積極的に配信を進められるように、権利者と交渉。配信を実現したという。篤姫については第1話の無料配信も行なう。

 加えて、2010年2月13日からのバンクーバー 冬季オリンピックの「見逃し番組サービス」も実施。見逃しでは初めて30日間という長期配信を行ない、オリンピック終了後も楽しめるという。


(2009年 12月 3日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.