◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

秋のヘッドホン祭 2010【iPodデジタル接続アンプ編】

−フォステクスがDAC内蔵ポータブルアンプ参考展示


スタジアムプレイス青山
会場内部。台風が接近するあいにくの天気となったが、場内は多くの来場者で熱気に包まれていた

 東京・中野にあるAV機器の専門店フジヤエービックのデジタルスタイルショップが主催する「秋のヘッドホン祭 2010」が10月30日に開催された。

 同店が扱う製品や、各メーカーの新製品が体験できるイベントとして年2回開催されているもので、国内外のヘッドフォン/ヘッドフォンアンプなどを多数試聴できるほか、新製品の発表などが行なわれるイベントとなっている。

 これまでは中野サンプラザで開催されていたが、今回から会場が外苑前駅近くの「スタジアムプレイス青山」に変更。7階全フロアと8階ホール A2階・ホールB2階が使われる大規模なイベントへと進化した。入場は無料。

 各社のブースで未発表新製品の参考展示が相次いだが、ここではポータブルヘッドフォン関連の新しいトレンドと言える“iPodとのデジタル接続”に対応した参考展示を中心に紹介する。




■ フォステクス

 前回の「春のヘッドフォン祭 2010」で、iPhoneやiPod全体を覆う、鎧のような大型ポータブルヘッドフォンアンプや、USBケーブル接続のモデルを参考展示していたフォステクス。今回はUSBケーブル接続モデルをベースに、より実際の商品に近付けつつ、鎧のようなコンセプトモデルの特徴であるプレーヤーと一緒に持ち歩けるという要素も取り入れた製品を、参考展示した。年内発売を目処に開発が進められており、価格は6万円台半ばが想定されている。

 最大の特徴はiPodとのデジタル接続が可能な事。DACを内蔵し、USBの入力端子も装備。汎用的なiPod Dock-USBケーブルで接続することで、Dock端子からデジタルデータを取り出し、ポータブルアンプ側のDACで処理し、アンプで増幅してヘッドフォンに出力できる。iPod内蔵DACを使わない事で高音質なアナログ変換ができるほか、デジタルデータのまま伝送するため、ライン接続よりも情報量の多い再生ができるという。

iPod touchと接続したところ 前面。ボリュームやiPod接続用のUSB端子を備えている 背面。光デジタル出力や充電用USB端子、デジタルフィルタ切り替えスイッチなどを装備する

 内蔵アンプはアナログタイプ。デジタル接続以外にも豊富な機能を持っており、アナログ入力やアナログ出力、光デジタル出力も装備。DDコンバータとして使う事もできる。

 さらにデジタルフィルタのプリエコーON/OFFを、音質の好みに合わせて切り替えられるスイッチも備えている。iPod接続用以外のUSB端子も備えているが、内蔵バッテリ充電用で、USBオーディオ機能は無い。動作時間は6〜8時間程度だという。

 なお、デジタル接続に対応するのは比較的新しいiPodとiPadで、iPhoneでは現在のところプチプチとノイズが入る問題があるという。iOS側の問題で、Appleによる対策が行なわれるとのことで、今後のiOSアップデートによりiPhoneでも使用可能になる予定。

鎧のようなコンセプトモデルの要素を受け継いだ部分として、専用のポーチが用意されている アンプをこのように収納するほか、プレーヤーも一緒に収納できる そのまま腰のベルトなどに装着可能

 ほかにも、11月1日に発売するセミオープン型ヘッドフォン3製品「TH-5B」(ブラック)、「TH-5W」(ホワイト)、「TH-7B」(ブラック)や、デザインがカスタマイズ可能なイヤフォン「KOTORI」なども展示されていた。

11月1日に発売するセミオープン型ヘッドフォン3製品 デザインがカスタマイズ可能なイヤフォン「KOTORI」



■ ミックスウェーブ

 ミックスウェーブのブースでは、11月1日から取り扱いを開始するCyber Labsの第1弾製品、「Algorhythm Solo」を展示していた。12月発売予定のモデルで、iPhone/iPodのデジタル出力に対応したポータブルDD/DAコンバータとなっている。価格はオープンで、店頭予想価格は68,000円前後。

 フォステクスと同様に、iPhone/iPodとUSBケーブルで接続し、デジタルデータのまま伝送。Algorhthem Solo側の内蔵DACでアナログ変換し、ポータブルアンプなどに出力できる。同軸デジタル出力も備えているため、DDコンバータとしてデジタルトランスポートのように使う事もできる。DACはWolfsonのものを採用。

Cyber Labsの第1弾製品「Algorhythm Solo」 中央のUSB端子がiPod接続用 アナログ出力と同軸デジタル出力を備えている
ALO Audio製のポータブルヘッドフォンアンプの新モデル「Rxamp MK II」

 さらに、ALO Audio製のポータブルヘッドフォンアンプの新モデル「Rxamp MK II」も展示。11月中旬発売予定で、価格はオープン、店頭予想価格は62,000円前後。 2009年10月発売の「Rx amp」の後継機で、容量3,400mAhのデュアルリチウムイオンバッテリを採用。音質が向上しているほか、ゲインを2種類選択可能となっている。




■ ベンチャークラフト

 ベンチャークラフトのブースでは、発売中のジャケット・大容量バッテリ一体型のポータブルヘッドフォンアンプ「Go-Dap!」を紹介。価格は18,000円。

 iPhone 3G/3GSの背面に取り付けられるジャケット型筐体を採用しており、大容量バッテリとバーブラウンのオペアンプ「OPA2134U」、ルビコンのコンデンサ「PMLCAP」などを使ったヘッドフォンアンプ機能も搭載。Dock経由でライン出力したiPhoneの音をアンプで増幅し、「Go-Dap!」のヘッドフォン出力で聴くというモデル。

ベンチャークラフトから発売中のジャケット・大容量バッテリ一体型のポータブルヘッドフォンアンプ「Go-Dap!」 このモデルのiPone 4用が開発中で、デジタル接続に対応する予定だ

 なお、来年の春にはiPhone 4に対応した新モデルを投入予定で、新モデルではiPhoneとのデジタル接続に対応し、DACも搭載したモデルになるという。光デジタルなどのデジタル出力も装備予定で、デジタルトランスポートとして使用可能。屋外だけでなく、屋内でもiPodを高音質プレーヤーとして活用できるモデルになるという。価格は29,800円程度が予定されている。



(2010年 11月 1日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]