◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

【IFA 2011】東芝、4K2Kの55型グラスレス3D液晶テレビ

−年度内発売。視聴位置に応じて3D最適化。新PCも


55ZL2

 ドイツ・ベルリンで9月2日(現地時間)より開催されるIFA(国際コンシューマエレクトロニクス展) のプレスカンファレンスで、東芝は55型/4K2Kパネル搭載のグラスレス(裸眼)3D液晶テレビ「55ZL2」を発表した。

 ドイツでは12月に発売され、価格は8,000ユーロの見込み。日本でも2011年度下期に日本向けコンセプトの製品で発売予定となっている。


3D表示は9つの視点に対応

 55型で「世界初の大画面グラスレス3Dテレビ」としており、パネル解像度は4K2K(3,840×2,160ドット)。レンチキュラーシートにより3Dメガネ無しで3D映像を楽しむことができ、3D映像視聴時はHD解像度で、2D映像視聴時は3,840×2,160ドットの映像を楽しめる。表示の高精細化により、より自然の映像に近い3D表現を可能にした。また、前面のカメラと顔認識/追従機能により、人のいる場所に合わせた裸眼3D表示を実現。9つの角度からの視点に対応し、複数人でも同時に裸眼で3D映像が楽しめる。

 映像処理には「CEVOエンジン」を採用。4K2Kパネル向けの超解像技術を搭載し、フルHD映像を4K2K向けに復元して表示することが可能。「再構成型超解像技術」、「自己合同性型超解像技術」、「3次元フレーム超解像技術」、「色超解像技術」、「カラーテクスチャー復元」を組み合わせて緻密な復元を行なっている。

 USB HDDへの録画機能も搭載。無線LANを内蔵し、アプリサービスの「Toshiba Places」も利用できる。


テレビ画面の下にカメラを内蔵し、視聴者の顔の位置をトラッキングする スリムなベゼルを採用するなど、高いデザイン性も特徴 横から見たところ
4K2K向けの超解像(Resolution +)オフ時(左)とオン時(右)を比べると、精細感が大きく異なる JVCケンウッドの4Kカメラ試作機を用いて撮影した映像をテレビに表示するデモも


■ TV/PC技術を融合した「Qosmio DX730」や、世界最薄13.3型ノートPCも

23型タッチ液晶搭載のQosumio DX730

 PC新製品では、TV/PCの融合モデルと位置付けられている「Qosumio DX730」を発表した。23型のタッチ液晶と一体型のAVPCで、テレビチューナやBlu-ray Discドライブも搭載。なお、3D表示には対応しない。欧州で2011年第4四半期の発売を予定している。

 スピーカーにはオンキヨーの高音質化技術を採用。HDMI入力も備える。CPUは第2世代のIntel Coreプロセッサーを搭載。OSはWindows 7 Home Premim。

 また、ノートPC新モデルでは、同社の薄型/軽量/堅牢化技術を結集した13.3型「THE PORTEGE Z830」を発表。世界最薄・最軽量とする15.9mm、1.12kgを実現している。欧州で2011年第4四半期の発売を予定している。

 底面側にスリット型の高音質スピーカーを搭載。そのほか、スリープ復帰の高速化や長時間動作といった機能強化も行なっている。

13.3型ノートPCのTHE PORTEGE Z830 薄さは15.9mm 背面

(2011年 9月 2日)

[ AV Watch編集部 中林暁]