◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソフトバンク、iPhone 4Sを7日16時に予約開始。料金発表

−孫正義氏「世界で最も安い」。3G/3GS利用者向け割引も


孫正義氏

 ソフトバンクモバイルは、10月14日より全国で発売する「iPhone 4S」の料金プランを発表した。予約受付は、7日の午後4時から受け付ける。

 同社は7日午後0時30分より、本社で緊急記者会見を開催。その中で、孫正義社長が明らかにした。

 本体の料金は、月々割適用後で、16GBが実質負担0円/月、32GBが同480円/月(計11,520円)、64GBが同880円/月(計21,120円)。なお、継続販売されるiPhone 4の8GBが実質負担0円。孫正義氏は「月々割を含めると、世界で最も安い価格になっているのではないか」とした。

 

通話などの料金プランはiPhone 4と同じ
 基本使用料はiPhone 4と同じで、ホワイトプラン(i)の980円/月がベースとなる。パケットし放題フラットは4,410円/月。Wi-Fiサービスは2年間無制限。

 

 なお、同じくiPhone 4Sを発売するauは、既に販売店舗や料金プランなどを発表している

 iPhone 4Sは、内蔵メモリ16GBと32GB、64GBの3モデルを用意し、カラーはブラックとホワイトの2色。iPhone 4からデザインを踏襲し、通信やカメラ機能などを強化したことが主な特徴。

 また、14日より新たなiPhone向けキャンペーンも開始。現在のiPhone 3G/3GSユーザーがiPhone 4/4Sに機種変更すると、3G/3GSで残っている分割支払金と同等の金額を毎月値引きする。

iPhone 4Sを14日に発売する 各モデルの実質負担額 会見で孫氏はスティーブ・ジョブズ氏への想いを語った



■ iPad 2の3G版が割引になる新キャンペーン実施

 

iPad 2が割引きになるという新キャンペーン
 新たなiPhone購入者向けのキャンペーンは、iPhoneに合わせてiPad 2の月額利用料を割引くという「アレ コレ ソレキャンペーン」と、既にiPhone 3G/3GSを利用している人に割引を行なう「実質無償機種変更キャンペーン」の2種類。実施期間は、いずれも10月14日〜11月30日。

 「アレ コレ ソレキャンペーン」は、iPhoneと合わせてiPad 2の3G版を買うと、iPad 2の毎月の利用料を割引くというもので、契約事務手数料も無料。既にiPhoneを持っていてもiPad 2 3G版を新規購入すればキャンペーンの対象となる。なお、iPhoneとiPad2が同一名義、同一請求先であることが必須。

 キャンペーンの対象となるiPadの料金プランは、「(iPad専用)ゼロから定額プラン」で、基本使用料は0円〜4,980円(100MBまで無料、以降0.0525円/パケット)。ウェブ基本使用料は月額315円(100MBまで無料)。なお、(iPad専用)ゼロから定額プランは2年契約で、更新月(契約期間満了の翌請求月・初回のみ翌々月を含む2カ月間)以外の解約には契約解除料9,975円がかかる。

 既存のiPhone 3G/3GSユーザー向けの「実質無償機種変更キャンペーン」は、手持ちのiPhone 3G/3GSの端末で分割支払金が残っている場合、それと同等の金額を毎月割引くというもの。加入条件は、ホワイトプラン(i)への加入と、新スーパーボーナス用販売価格で機種変更すること。

 

iPad 2同時購入キャンペーン適用時の価格 3G/3GSの分割支払いが残っているユーザー向けの割引も 新キャンペーンのCMもひと足早く披露された

 


■ auとの併売も「iPhoneを一人でも多くの人に」。「auより速く、使いやすい」

 

ジョブズ氏への強い尊敬や、思い出のエピソードを語る孫氏
 昨日、飛行機で米国から帰国したばかりという孫氏は、Apple前CEOであるスティーブ・ジョブズ氏の訃報について「昨日は胸にぽっかり穴があいたような状態だった。いかに彼が大きな存在であるかということを改めて感じた」と語る。

 iPhone 4S発売について、「場合によっては数日間でも後ろに遅らせたほうが、ということも考えたが、アップルからの『スティーブは、自分の作った作品が一日でも早く、一人でも多くの人に行き渡ることを望んでいるのではないか』との言葉に、改めてそうだと思った。私が彼の立場だったとしても、そう思ったかもしれない」とした。

 これまでの国内独占販売とは異なり、iPhone 4Sはau(KDDI)と併売になることについては、「(KDDIは)情報革命を行なうという意味では、同じ志を持つ集団。スティーブの生み出した作品が、一人でも多くの人に渡ることになる。我々ではまだ至らない点もたくさんあるので、KDDIさんと一緒に届けられることは素晴らしい。もちろん、至らない点は自らの努力を継続する」とした。

 一方、auに対するソフトバンクの強みとして、同社取締役専務執行役員 兼 CTOの宮川 潤一は、通信回線の規格による速度の違いなどをアピール。下り最高通信速度は、auが採用するCDMA EV-DO Rev.A方式では下り3.1Mbpsに対し、ソフトバンクらのW-CDMA HSPA方式は14.4Mbpsで、「ダウンロードは4.6倍」と強調した。

 また、「ソフトバンク方式の場合、音声通話をしながらデータのダウンロードもできるが、CDMA版だとダウンロード中に通話が入ると切れてしまい、再開すると一からやり直さなければならない。オンラインゲーム中に着信があっても、通話終了後、再開が可能。ソフトバンク方式のほうが若干、使い勝手はいいのでは」とした。

 

宮川氏は、通信方式の違いによる強みをアピールした

 

「スティーブの作品を、一人でも多くの人に」とアピール
 孫氏は今後の課題として、9月のAndroid端末発表会でも触れた「電波改善宣言」の進捗状況を説明。基地局が5年間で8倍に増えたことや、調査会社のデータで接続率が他社並みに改善したということを紹介。今後2年間で1兆円を設備投資に向けるほか、新たに900MHz帯の獲得に乗り出すことなどを説明した。

 なお、予約以外に当日販売を用意するかどうかについては検討中だという。用意する台数については「精一杯用意したいが、どのくらい注文が殺到するのか。世界中で毎回取り合いになっている」とした。



(2011年 10月 7日)

[ AV Watch編集部 中林暁]