◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、4K/スーパー35mm CMOS搭載のEマウント「NXCAM」

−フルHDで10倍スロー撮影可能。4Kレコーダも発売予定


NEX-FS700JK

 ソニーは、新開発の4K/スーパー35mm CMOSセンサーを搭載した業務用NXCAMカムコーダを6月27日に発売する。レンズはEマウントで、価格は、11倍ズームレンズ(SEL18200)付属の「NEX-FS700JK」が84万円、ボディのみの「NEX-FS700J」が77万7,000円。

 ドラマやCM、ミュージックビデオ、ドキュメンタリーの制作や、スポーツ/イベント撮影など幅広い用途を想定した高画質マルチパーパスカムコーダとして提案。将来的には4Kの動画信号出力にファームウェアのアップグレードで対応。今後発売予定としている4K記録対応の外付けレコーダと組み合わせて4K記録が行なえる。

 自社開発のExmor Super35 CMOSを総画素数1,160万画素/4,352×2,662ドットに高解像化(従来は353万画素)。フルHD画質で高速度撮影に対応したことが特徴で、100万円以下の業務用カムコーダでは業界初という、フルHDで120fps/240fpsの読み出しを実現。コンパクトなボディながら、最大10倍の「スーパースローモーション機能」に対応した。また、解像度をフルHDよりも落とすことで、480fpsや960fpsでの記録も可能。

 また、高解像度と高感度・低ノイズを両立させながら、大判センサーならではの浅い被写界深度での撮影ができ、情感ある映像表現を可能にするという。最低被写体照度は0.28lux。静止画撮影も可能で、アスペクト比は16:9と3:2から選べる。

 レンズはEマウントを採用。動画撮影に適したEマウントシステムの多彩なレンズに加えて、マウントアダプターを介してAマウントレンズなども装着できる。新たに、同モデルに適したNDフィルタ(光量調整フィルタ)を内蔵。日中などの明るい環境下でも被写界深度の浅い映像が撮影できる。

 HD映像記録は最大1,920×1,080ドット、60p/50p、約28Mbpsで、AVCHD Ver.2.0に準拠。SD映像はMPEG-2 PSで、720×480ドット、60i/50i、約9Mbps。音声記録はリニアPCM(HD画質のみ)またはドルビーデジタルで、いずれも16bit/48kHzのステレオ。

市販のレンズ/マットボックス/フォローフォーカスなどの装着例

 記録メディアは別売フラッシュメモリーユニット「HXR-FMU128」とメモリースティックPROデュオ/PRO-HGデュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード。 メモリーカードとHXR-FMU128にHD映像を同時記録することも可能。HXR-FMU128へのHD動画記録時間は10時間以上。

 3G対応のSDI出力を搭載。本体記録モードと同じフォーマットで外部出力できる。HDMIやコンポーネント出力(ミニD端子)も搭載。HDMI出力時もプログレッシブ信号をプルダウンすることなくネイティブで出力可能。HD-SDIとHDMIは同時に出力できる。タイムコードを重畳した4:2:2非圧縮信号をHDMI出力することも可能。

 ガンマカーブやブラックレベル、発色などのパラメーターを調整でき、設定したパラメーターをカメラプロファイルとしてメモリーカードに記録可能。記録したカメラプロファイルは、別のNEX-FS700にも適用できる。

 カメラ本体は組み立て式で、三脚・ハンディ・縦置きなどの運用に合わせてハンドルやグリップ、ビューファインダの取り付けが可能。グリップは、取り付け角度調節も行なえる。

 液晶モニタは3.5型/92.1万画素(1,920×480ドット)。本体のみの外形寸法と重量は145×235.5×178.5mm(幅×奥行き×高さ)、1,680g。撮影時の総質量は3,060g。



(2012年 4月 2日)

[ AV Watch編集部 中林暁]