◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

4月の新作「エウレカセブンAO」BD/DVD化は6月開始

−全9巻。1巻初回版に缶バッジ。前作の低価格DVDも


エウレカセブンAO
※ジャケットとは異なります
(c)2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS

 4月12日深夜に放送がスタートする新作アニメ「エウレカセブンAO」のBlu-ray/DVD化が、6月22日からスタートする。第1巻はBDに初回限定版と通常版を用意。DVD版も加え、3種類でリリースされる。価格はBD初回版が5,250円、通常版が4,725円、DVD版が3,675円。発売/販売元はバンダイビジュアル。

 シリーズは全9巻の予定で、第1巻は2話収録。2巻〜8巻は各巻3話収録となる。最終の9巻は1話のみ収録だが、映像特典を収録する予定。

 第1巻のBD初回版には、スペシャル特典として特製缶バッジを同梱。さらに、「キーキャラクターデザイン・吉田健一&キャラクターデザイン・織田広之 デザインワークスI」を封入。ケースは吉田健一と、デザインワークス・竹内志保による描き下ろしとなる。

 BD初回版、通常版、DVD版に共通する特典として、特製ブックレットが付属。さらに、第1話にはオーディオコメンタリが付き、特典映像として、イントロダクション映像やCM、PVも収録する。


  タイトル 仕様 音声 品番 価格
BD エウレカセブンAO
 第1巻 Blu-ray 初回限定版
片面1層
本編約48分
特典約15分
MPEG-4 AVC
1080p
(一部1080i)
英語字幕
リニアPCMステレオ BCXA-0531 5,250円
BD エウレカセブンAO
 第1巻 Blu-ray 通常版
片面1層
本編約48分
特典約15分
MPEG-4 AVC
1080p
(一部1080i)
英語字幕
リニアPCMステレオ BCXA-0522 4,725円
DVD エウレカセブンAO
 第1巻 DVD
片面1層
本編約48分
特典約15分
ビスタ
(スクイーズ)
ドルビーデジタルステレオ BCBA-4363 3,675円



■エウレカセブンAO

 2005年にMBS・TBS系列で放送された「交響詩篇エウレカセブン」の続編となる、新シリーズ。

 主人公アオは、沖縄・磐戸島で老医師トシオと共に暮らしていた。行方不明の母を探す旅に出るために密漁で小銭を稼ぐ日々を過ごすアオ。そこにある日、一台のFP(Flying Platform/小型の空中移動体)が不時着する。FPを運転していたのは日本軍の依頼を受けた運び屋・ガゼル。アオはガゼルの積み荷から、ブレスレットを手に入れる。

 その時、島にスカブコーラルが現れ、それを狙って現れる謎のモンスター“シークレット”の攻撃が始まった。磐戸島は、沖縄諸島連合と中国、日本が領有権を争う政治的なスポット。シークレットを排除するため民間企業「ゲネラシオン・ブル」のIFO部隊「チーム・パイトパイパー」に出動依頼がくだる。

(c)2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS (c)2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS (c)2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS

 アオはブレスレットに導かれるように、日本軍所有のIFO・ニルヴァーシュに乗り込んでしまう。これまで誰も起動できなかったニルヴァーシュが稼働したのは、10年前の“あの事件”以来だった。ニルヴァーシュと出会ったアオは、チーム・パイドパイパーのIFOとともにシークレットと戦うことに。それは過去を知り、未来を切り開くアオの旅の始まりとなる……。

 なお、既報の通り、前作「交響詩篇エウレカセブン」の特別価格DVD-BOXも発売開始されている。50話を2つのBOXに分けて発売するもので、価格は各18,900円。発売日はBOX 1が3月23日、BOX 2が5月25日。詳細は下表の通り。

発売日 タイトル 仕様 音声 品番 価格
2012年
 3月23日
交響詩篇エウレカセブン
 DVD-BOX1
片面2層×7
4:3
624分予定
ドルビーデジタルステレオ BCBA-4312 18,900円
2012年
 5月25日
交響詩篇エウレカセブン
 DVD-BOX2<最終巻>
片面2層×6
4:3
600分予定
ドルビーデジタルステレオ BCBA-4313 18,900円

Amazonで購入
エウレカセブンAO
BD 第1巻 初回限定版
エウレカセブンAO
BD 第1巻
エウレカセブンAO
DVD 第1巻
Amazonで購入
交響詩篇エウレカセブン
DVD-BOX 1
(期間限定生産)
交響詩篇エウレカセブン
DVD-BOX 2
(期間限定生産)

(2012年 4月 12日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]