◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アップル、2.5型液晶で動画対応の第7世代iPod nano

−16GB/12,800円。iPod最薄+ハードキーで操作性向上


iPod nano

 アップルは、縦長の2.5型液晶やBluetoothを採用した新デザインiPod nanoの第7世代モデルを10月より発売する。メモリ容量は16GBのみで、Apple Store価格は12,800円。カラーはスレート、シルバー、パープル、ピンク、イエロー、グリーン、ブルーの7色とApple Store限定カラーの(PRODUCT RED)。オンラインでの予約注文は9月14日から。

 正方形に近い形状で、マルチタッチ対応のカラー液晶を採用していた第6世代とは異なり、縦型の新デザインとなった。外形寸法は76.5×39.6×5.4mm(縦×横×厚み)で、従来より38%薄型化。アップルでは「クレジットカードとほぼ同じ大きさ。これまでで一番薄いiPod」としている。


左からピンク、イエロー、ブルー、グリーン、スレート、シルバー、ブラック 背面から見たところ ピンクを手に持ったところ

 

第7世代iPod nano。縦長の新デザインを採用 厚みは5.4mm
7色のカラーバリエーションを用意

 2.5型/240×432ドット(202ppi)のマルチタッチ液晶を採用し、液晶をタッチして操作を行なう。液晶下にホームボタンを備え、側面にはボリューム上/下と再生/停止ボタンを装備。ハードウェアのボタンを備えることで、再生停止などの基本操作をダイレクトに行なえるようにして、操作性を高めている。

 上部には電源ボタンを、下部にはヘッドフォン出力とこれまでのDock(30ピン)に変わる新接続端子「Lightning」を備えている。これまでのDockより小型化され、制御信号だけでなく、全ての信号をデジタルで伝送できる。また、別売のLightning-30ピン変換アダプタ(Apple Store価格2,800円)や、Lightning - 30ピンアダプタ (0.2 m)(同3,800円)も用意される。

背面 側面 底面にLightning端子を装備

 対応音楽ファイルはAAC、HE-AAC、MP3、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)、Apple Lossless、AIFF、WAV。MP3とAACのビットレートは8kbps〜320kbps。プレイリスト機能のGeniusにも対応し、iTunesで作成したGenius Mixを同期し、Genius Mixアイコンをタップして、Mixされた楽曲を楽しめる。

 動画再生にも対応し、MPEG-4 AVC/H.264は、720×576ドット/30fpsまでのBaseline/Main Profileと、High Profile Level 3.0(256 Kbps AAC-LCオーディオ)。MPEG-4は、720×576ドット/30fps、2.5MbpsまでのSimple Profileをサポート。ファイルフォーマットは.m4v、.mp4、.mov。マルチタッチディスプレイを使って、再生、早送り、巻き戻し、一時停止などの操作が可能となる。

 写真の再生やPodcastにも対応するほか、FMラジオも内蔵。また、Bluetooth 4.0を搭載し、Bluetooth対応のスピーカーやイヤフォン、カーオーディオなどにワイヤレスで音声出力できる。Nike+と歩数計にも対応する。

 バッテリはリチウムイオンで、最大30時間の音楽再生、最大3.5時間のビデオ再生に対応。高速充電時間は約1.5時間(バッテリー容量の80%充電)、完全充電時間は約3時間。付属のイヤフォンは新開発のEarPodsで「高級ヘッドフォンに引けを取らない圧倒的な音質を生み出す」としている。Lightning-USBケーブルも付属する。Lightning-USBケーブルの単品価格は1,800円。

Bluetoothを搭載 ホーム画面。Nike+も利用できる 付属イヤフォンのEarPods


(2012年 9月 13日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]