ニュース

ケンコートキナー、液晶付で実売24,800円のアクションカム

フルHDで60m防水ケース付属。サーフ/モーターセットも

AEE MagiCam SD19

 ケンコー・トキナーは、香港AEE製のウェアラブルカメラ「AEE MagiCam SD19」を2月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は24,800円〜25,800円。

 防水ケースやリモコンを含む「スタンダード」のほか、ハンドルバーマウントを加えた「モーターサイクル」、サーフボード接続アタッチメント付きの「サーフィン」、フロントマウントとサイドマウントが付属する「ヘルメット」の4モデルを用意。実売価格はスタンダードが24,800円、モーター/サーフィン/ヘルメットの各セットが25,800円。

スタンダードパッケージ

 1/2.5型、有効503万画素のCMOSと約130度の単焦点レンズを搭載したウェアラブル/アクションカメラ。MPEG-4 AVC/H.264のMOV形式で、1,920×1,080/30p、1,280×960/30p、1,280×720/60p、1,280×720/30p、848×480/60pの撮影モードを用意。音声はWAV収録。

 画角は約130度で、レンズはf=2.8mm F2.8。撮影距離は0.5m〜。300万画素、500万画素のJPEG静止画撮影も可能で、セルフタイマー機能も備えている。記録メディアはmicroSD(microSDHC対応)。

モーターサイクルパッケージ
サーフィンパッケージ
ヘルメットパッケージ
液晶モニタが付属

 スタンダードパッケージには、カメラ本体と、水深60mまで対応できる防水ケース、遠隔操作が可能なリモコン、カメラの背面に接続できる1.5型の液晶モニタ、リチウムイオン充電池、アングルを変更できるスタンド、各種アタッチメントなどをセットにしている。

 バッテリはリチウムイオンでバッテリ駆動時間は2.5時間。充電時間は約3.5時間。USB端子やHDMI出力も備えている。外形寸法は約59×48×42mm。重量は本体のみで約73g、モニタや充電池、メモリーカードを追加すると約119g。テレビ接続ケーブルやUSBケーブルなども付属する。

 本体は防水仕様ではないが、専用ケースを利用することで約60mの防水に対応。また、付属のリモコンにより約15m離れた場所からでも録画開始などの遠隔操作が行なえる。

(臼田勤哉)