ニュース

SCE、PS3用アプリtorneでTwitter連携再開

番組検索強化。レコーダ外付けHDDでも録画/再生対応

録画番組をキーワードで検索しているところ

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は16日、PlayStation 3向けアプリ「torne」をバージョン4.2にアップデート。休止していたTwitter連携を再開したほか、録画番組のキーワード検索の追加、「レコ×トルネ」の機能強化などが行なわれている。

 PS3用の地上デジタルレコーダーキット「torne」や、ネットワークレコーダ「nasne」を利用するための、PS3用アプリ。バージョン4.2では、録画した番組をキーワードで検索する機能を追加。番組検索画面と同じように、ユーザーが入力したキーワードは入力履歴に残り、そこから検索をしたり、任意の履歴をロックして保存する事も可能。

 torneとnasneで録画した番組で、番組のタイトル名、および番組説明を検索対象とし、サーチ可能。BDレコーダとの連携機能「レコ×トルネ」(有料)を使い、BDレコーダの録画番組も検索できるが、その場合は番組のタイトル名のみが検索対象となる。

番組を見ながらツイートしたり、他のユーザーのツイートをテレビと共に楽しめる

 また、3月4日に休止されていた、Twitterを用いたライブ機能を再開。番組を見ながらツイートしたり、他のユーザーのツイートをテレビと共に楽しめる機能が、再び利用できるようになる。

 再開に合わせ、一部画面デザインが変更されるほか、新たに、選択したツイートを「お気に入りに登録する」機能を追加。一方で、「引用する」ツイート機能は削除されている。

 なお、バージョンアップに伴い、Twitter連携のライブ機能と、トルミル情報の表示機能が、「torneオンラインサービス」という名称に変更され、これらを使用する場合に、PlayStation Networkの利用が必要となる。

 さらに、アプリ内の「STORE(トルネ屋)」で有料で購入する「レコ×トルネ」機能も強化。対応BDレコーダとPS3を連携させる機能だが、新たに、BDレコーダに接続されている外付けHDDを、torneから録画先として指定する事が可能になった。録画だけでなく、外付けHDDに録画された番組の再生を、torneから行なう事も可能。

 これ以外にも、設定画面の表記統一や、チャート画面での集計期間を切り替える機能の削除なども行なわれている。

Amazonで購入
torne nasne PlayStation 3
HDDレコーダーパック 250GB
チャコール・ブラック

(山崎健太郎)