ニュース

オーエス、1.1mから100型投写可能なOptoma製DLPシアタープロジェクタ

 オーエスプラスeは、Optoma製のフルHD/3D対応DLPプロジェクタ2機種を11月7日に発売する。1.1mの距離から100型の投写が可能な短焦点レンズ搭載の「GT1080」と、標準レンズの「HD26」をラインナップし、価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はGT1080が12万円前後、HD26が9万円前後。いずれもリビングシアターなどに使えるほか、GT1080はゲームや小会議室での利用も想定する。

GT1080
HD26

 0.65型/1,920×1,080ドットのDMDパネルを搭載した、フルHD/3D対応のDLPプロジェクタ。短焦点レンズを搭載した「GT1080」と、標準レンズの「HD26」をラインナップする。投写距離はGT1080が0.33m(30型)〜3.39m(307型)、HD26が1m(30型)〜11m(307型)。HD26のみ1.1倍マニュアルズームを備える。輝度はGT1080が2,800ルーメン、HD26が3,200ルーメン。レンズや輝度以外の主な仕様は共通。

 外付けエミッタが不要なDLP Link方式の3D表示に対応し、別売のアクティブシャッター式メガネ「ZD302」を利用して、クロストークを抑えた3D映像が楽しめる。コントラスト比は25,000:1(ダイナミックブラックモード時)。ランプは190Wで、寿命は最大6,500時間。映像を鮮明に再現するBrilliant Colorテクノロジーも搭載する。

 HDMIを2系統備え、その内1系統はMHLに対応。別売のケーブルで接続した対応Androidスマートフォンやタブレットの画面を投写できる。アナログ音声出力(ステレオミニ)のほか、3Dシンクロ端子やトリガー端子も搭載。接続端子は本体横に配置され、背面を壁やテーブルに密着させて、スペースいっぱいに投写できるとしている。

 本体に出力10Wのモノラルスピーカーを内蔵。動作音は26dB(エコモード)。消費電力は262W(ブライトモード)/193W(ノーマルモード)、待機電力は10W(スタンバイモード)/0.5W(エコモード)。外形寸法は314×224×114mm(幅×奥行き×高さ)。重量はGT1080が2.7kg、HD26が2.5kg。HDMIケーブルやリモコンが付属する。

(一條徹)