ニュース

Android TV搭載Nexus Playerは27日発売、テレビで映画やゲーム。Nexus 6 MNPで0円

 ワイモバイルは、GoogleのAndroid TV搭載端末「Nexus Player」の発売日を2月27日に決定した。価格は12,800円で、ソフトバンクグループが取り扱い、Y! Mobileショップなどのワイモバイル取り扱い店舗のほか、家電量販店のソフトバンクモバイル携帯電話売り場などを含め、約3,000店舗で購入可能。1月の発表時は「2月下旬発売」としていた。なお、Google Playからも購入可能だが、ワイモバイルよりも後になる予定。

Nexus Player

 発売を控えた26日、ワイモバイルは「Nexus Player Launch Party」を東京・六本木ヒルズで開催。同社代表取締役 兼 CEOエリック・ガン氏がNexus Player販売の狙いについて語った。また、GoogleのGoogle Play アジア太平洋地域統括副社長であるクリス・ヤーガ氏も来場し、Nexus Playerの特徴などを改めてアピールした。さらに、ゲストとして、「R1グランプリ2015」で優勝した、お笑い芸人のじゅんいちダビッドソンも登場した。

 Nexus Playerは、テレビとHDMI接続して利用できる、Android TV採用の端末。スマートフォンやタブレットのAndroid OSと同様に、アプリ形式で「ビデオマーケット」や、「Hulu」、「ホットペーパービューティー」、「料理サプリ」など、様々なアプリをユーザーが追加できる。VODの映画などが楽しめるほか、生活情報を得たり、ゲームアプリをテレビ画面で楽しむ事も可能。

ホーム画面
音声検索
別売コントローラを使ったゲームなども可能

 本体に1.8GHzのクアッドコア Atomプロセッサを搭載。メモリは1GB、ストレージメモリは8GB。グラフィックスエンジンはImaginationのPowerVR Series 6を備える。HDMI出力とUSB端子を用意し、IEEE 802.11acの無線LANとBluetoothにも対応。筐体は直径120mm、高さ20mmの円形。重量は235g。ACアダプタで動作する。操作は付属のリモコンやスマホなどが利用できる。

 Android TVはAndroidをベースとしたテレビ向けのプラットフォームで、開発者向けにTV APIやTV SDK、UXフレームワークなどが提供されている。ユーザーインターフェイスもAndroidスマートフォンなどとの親和性が高いものを採用しているほか、音声操作にも対応。リモコンに搭載したマイクに向かって話す事で、検索や文字入力が行なえる。

動画やゲームなどを楽しめるシンプルなUIが特徴
リモコンで音声検索
ゲームはスマホや別売コントローラを使って操作できる
YouTube画面
Hulu画面
Nexus Player本体とリモコン

GYAO!やU-NEXTも配信。本田選手(?)が大画面でゲームプレイ

GoogleのGoogle Play アジア太平洋地域統括副社長であるクリス・ヤーガ氏

 26日に行なわれた発表イベント「Nexus Player Launch Party」では、GoogleのGoogle Play アジア太平洋地域統括副社長であるクリス・ヤーガ氏が、Nexus Playerの特徴や期待について述べた。モバイルから始まったAndroidが、タブレットや、スマートウォッチなどのAndroid Wear、車載用のAndroid Autoへと広がり、今回のAndroid TVにより「“家庭で最大のスクリーン”であるテレビに対応することで、この小さなデバイスで多くのエンターテインメントコンテンツをシームレスに経験できる」とし、HDMIや無線LANに接続するだけで利用できるシンプルさを強調。Google Playで配信する映画やテレビ番組などの視聴が、従来のスマートフォンと同様の操作でテレビ画面で楽しめる点や、ゲームなどのアプリも大画面でより没入して楽しめるといった特徴をアピールした。

Nexus Playerを持つワイモバイルの代表取締役 兼 CEOエリック・ガン氏

 ワイモバイルの代表取締役 兼 CEOエリック・ガン氏は、'14年に「Y!mobile」ブランドを立ち上げてから、Androidスマホの新規販売数がNo.1になったこと('14年1月〜'15年1月期の数量シェア/GfK調査)や、「Nexus 5」や「Nexus 6」を国内キャリアで唯一販売してきたことなどを振り返り、27日から発売するNexus Playerについては「契約無し、2年縛り無しの製品。単品でも購入できる」と紹介した。

 発売に合わせたキャンペーンも実施。スマートフォンのNexus 6をドコモ/auからのMNPで購入した場合、またはHarman/Kardon製スピーカーがセットのスマホ「AQUOS CRYSTAL」に機種変更した場合に、Nexus Playerが0円になる施策を行なうほか、Googleによる「Nexus Playerはじめようキャンペーン」として、Nexus Player購入者に、Google Playで使える2,000円分のコードがプレゼントされる。

大きく3つのキャンペーンを用意
Nexus 6購入で0円
AQUOS CRYSTAL購入で0円
Googleの「Nexus Playerはじめようキャンペーン」

 パートナーとして、Nexus Player上でも動画配信サービスを提供する「GYAO!」の取締役 メディアサービス本部長の寺岡宏彰氏と、「U-NEXT」の宇野康秀社長も来場し、各サービスにおける取り組みを説明した。

左から、U-NEXTの宇野康秀氏、ワイモバイルのエリック・ガン氏、Googleのクリス・ヤーガ氏、GYAOの寺岡宏彰氏

 GYAO!では、スマホなどで提供している無料アプリをAndroid TV向けに最適化して3月上旬にリリース予定。さらに、今後GYAO!が開始予定の新たなサービスとの連携機能も提供するとのことで、具体的には明かされなかったが、詳細は新サービスに合わせて改めて発表するという。

 U-NEXTは、5月末にNexus Playerに対応することを予告。既に対応しているChromecastと同様に、スマホなどから「キャスト」して動画をテレビに表示できるようになる予定。さらに、Y!mobileとの共同プロモーションとして、30日間無料トライアルなどの特典も用意する。

GYAO! のNexus Player向けアプリ
U-NEXTは5月末に対応予定
U-NEXTとY!mobileの共同キャンペーン

 その他にも、動画配信のビデオマーケット(VideoMarket)が、Nexus Player発売日の27日よりAndroid TVに対応することを発表。10万本超の映画やドラマ、アニメなどをNexus Playerと接続したテレビ画面で視聴でき(見放題作品は15,000本)、音声検索なども利用できる。

 最後に登場したのは、ゲストのお笑い芸人・じゅんいちダビッドソン。おなじみ、サッカーの本田圭佑選手のモノマネ姿で登場した。今回ゲストとして来場した理由について「ご存じの通りトッププレイヤーなので、同じプレーヤーのNexus Playerを応援します」と説明した。

本田圭佑選手のモノマネで登場したじゅんいちダビッドソン

 普段からスマホで動画を観たり、ゲームを楽しんでおり、「何かネタになることは無いかと、本人(本田選手)の雄姿を見ている」とのことで、スマホの動画がNexus Playerを使うと、家のテレビでも見られることなどに驚いた様子。

 その後、会場でNexus Playerとゲームパッドを使って、格闘ゲームの「ソウルキャリバー」をプレイ。「これ、(英プレミアリーグ選手の)ドログバですね」との理由でキャラクターは「Voldo」をセレクトし、コンボも決めるなど初プレイとは思えない強さで勝利。「ゴール!」と両手を突き上げた。

Nexus Playerをリフティング
ソウルキャリバーをプレイして、見事勝利した

(中林暁)