ニュース

ソニーのAndroid TV発売延期。外部機器接続互換に問題

「DLNA」は「ホームネットワーク」に名称変更

 ソニーは、OSにAndroid TVを搭載した4K/2K液晶テレビ「BRAVIA」4シリーズ9モデルの発売日を当初予定の6月20日から7月4日に延期する。

KJ-75X9400C

 対象となるAndroid TV搭載のBRAVIAは、サイドスピーカーを搭載し、音にもこだわった中核機「X9400C/X9300Cシリーズ」が55/65/75型の3モデル、アンダースピーカー型で43〜65型の「X8500Cシリーズ」が4モデル、2Kの「W870Cシリーズ」が50/43型の2モデル。

 発売延期の理由については、「外部接続機器との接続互換性に問題があり、その対策を講じたソフトウェアを全国販売に必要な一定台数にインストールする時間を要するため」と説明している。

 また、これらのシリーズで「DLNA」対応としていたが「ホームネットワーク」対応と表示を改める。機能面では発表時から変更なく、ホームネットワーク内でのハイレゾ再生などが可能だが、DLNAの2015年のライセンスにおいて追加された変速再生など一部機能に対応しておらず、DLNAの認証が取れていないため、名称変更を行なうとしている。

 なお、Android TVを搭載しないフルHDのW700Cシリーズは5月23日に40型を発売済みで、32/48型も当初予定通りに6月13日発売となる。

KJ-43X8400C
KJ-50W870C

(臼田勤哉)