ニュース

4K/8K放送対応の衛星ミキサーや分配器/分波器。マスプロが2月発売

 マスプロ電工は、将来の4K/8K衛星放送受信にも利用できる3,224MHz対応の衛星ミキサーなど8製品を2月上旬より発売する。価格は、衛星ミキサー「MXHWD」が6,600円、分配器は2〜4分配の6モデルで6,000円〜9,000円、分波器(セパレータ)「SR2W(W)-P」は3,700円。分波器は屋内用で、それ以外は屋内外に対応する。

衛星ミキサー「MXHWD」

 現在販売されているテレビ受信機器は周波数帯域が2,602MHzまでの製品が主流だが、将来開始される予定の4K/8K衛星放送を受信する場合に必要な3,224MHz対応の製品として発売する。既報の通り、同社は他にも3,224MHz対応製品としてパラボラアンテナや分配器、直列ユニットなどの製品を発表/発売している。なお、スカパー! プレミアムサービス(124/128度CS)受信には利用できない。

 衛星ミキサー「MXHWD」は、FM/VU入力端子と出力端子の間の電流通過をスイッチによりON/OFF可能。弱い電波を受信して混合する場合にブースターを設置できる。

 分配器は、1端子電流通過型と、全端子電流通過型でそれぞれ2/3/4分配の計6モデルを用意。コンパクト設計により、スペースに余裕のない場所にも設置しやすくした。

4分配器(1端子電流通過型)「SP4CW」
屋内用分波器「SR2W(W)-P」

 BS/110度CSと地デジの信号を分岐させる分波器「SR2W(W)-P」は、3重シールドの柔らかい極細2Cケーブルを使用。シールド性が高く、簡単に配線できるという。入出力端子は金メッキ仕上げ。

 共通の特徴として、シールド構造により外部からの妨害電波の影響を受けにくくしている。

価格

衛星ミキサー「MXHWD」6,600円
2分配器(1端子電流通過型)「SP2CW」6,000円
3分配器(1端子電流通過型)「SP3CW」7,300円
4分配器(1端子電流通過型)「SP4CW」8,300円
2分配器(全端子電流通過型)「SP2CDW」6,700円
3分配器(全端子電流通過型)「SP3CDW」8,000円
4分配器(全端子電流通過型)「SP4CDW」9,000円
屋内用分波器(セパレータ) 「SR2W(W)-P」3,700円

(中林暁)