ニュース

JVC、ディープバスポート搭載の重低音ヘッドフォン。実売2,480円

 JVCケンウッドは、JVCブランドのヘッドフォンとして、ディープバスポートで低域を強化した「HA-S240」を2月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,480円前後。カラーはネオンブラック(B)、ネオンピンク(P)、ネオングリーン(G)、ネオンイエロー(Y)、ネオンオレンジ(D)の5色を用意する。

HA-S240-B(ネオンブラック)
HA-S240-P(ネオンピンク)

 30mm径の高磁力ネオジウムドライバユニットを搭載。パワフルな重低音からクリアな中高域まで高音質で再生できるという。出力音圧レベルは103dB/1mW、再生周波数帯域は10Hz〜22kHz、インピーダンスは32Ω、最大入力は500mW。ユニットの背圧を調整する独自のディープバスポートも採用し、迫力ある重低音再生を追求した。

 ボディ全面にスポーティなネオンカラーを採用。中高生などのティーンエイジャーを中心に、スポーティでカラフルなファッションを好むユーザーに向けて提案するという。ハウジング部とヘッドバンドは折り畳みが可能。ケーブルは両出しで、長さは1.2m。プラグは金メッキ仕上げのステレオミニ/L型。ケーブルを除く重量は約118g。

HA-S240-G(ネオングリーン)
HA-S240-Y(ネオンイエロー)
HA-S240-D(ネオンオレンジ)

(庄司亮一)