◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

HDMIの新バージョン「1.4」が規格化。Ethernet伝送も

−4Kや3Dにも対応。マイクロコネクタも追加


5月28日発表


 デジタルインターフェイス「HDMI」の規格ライセンスなどを行なうHDMI Licensingは28日、HDMIの最新規格「HDMI version 1.4(HDMI 1.4)」を発表した。HDMIマネジメントチームの最終承認後に、6月30日までに規格書を発行予定としている。

 HDMI 1.4では、新たにHDMIケーブル上でEthernet信号の双方向通信が可能となるほか、4K/2Kの高解像度映像や、3D映像信号の伝送に対応。さらに、Adobe RGBなどの広色域規格や、新たに策定されたMicro HDMIコネクタに対応するなど多くの機能強化が図られている。


・HDMI Ethernetチャンネル(HDMI HEC)

HDMI HECに対応

 HDMIケーブル上にEthernetのプロトコルを伝送可能にするもの。HDMIによる映像/音声伝送と、100MbpsのEthernet通信を1本のHDMIケーブルで実現できる。

 これにより、テレビやAVアンプなど1台のHDMI HEC機器対応機種がネットワークに接続されていれば、その機器を親機としてHDMI HEC接続した他のBlu-rayプレーヤー、STBなどからもネットワーク利用が可能となる。加えてEthernetの双方向通信を活かしたアプリケーション展開も可能で、DLNAやUPnP、LiquidHDなどのIPベースソリューションも利用できる。


従来はHDMIケーブルだけでなく、各機器でEthernetケーブル接続が必要だった HEC対応により、上流の機器がEthernet接続している場合、HDMIで接続するだけでネットワーク対応になる HECを使ったネットワーク録画にも対応。新ケーブルを利用する必要がある


・オーディオリターンチャンネル(ARC)

 ドルビーデジタルや、AACなどのS/PDIF相当のデジタル音声を、テレビなどのHDMI受信側からAVアンプなどのの送信側に送る機能。

 BD/DVDプレーヤーの音声をAVアンプを介してテレビに送る場合(出力機器から表示機器)は従来から問題ないが、テレビのチューナの音声をAVアンプに出力する場合は、テレビの光デジタル音声出力からAVアンプにケーブル接続する必要があった。ARCでは、通常とは逆の流れ、TV→AVアンプ(表示機器から出力機器)へHDMIケーブルで伝送できるため、余計なケーブル接続を省くことができる。

従来、テレビチューナの音声をAVアンプで聞くためには、別途S/PDIF接続が必要だった オーディオリターンチャンネルにより、HDMI 1本でテレビの音声をAVアンプで再生できる


・3D Over HDMI

 新バージョンでは3D映像もサポートし、家庭向けに想定される既存の入出力方式に対応し。2系統の1080p映像信号を伝送できる。

・4K×2K解像度サポート

 対応解像度は3,840×2,160ドット(24Hz/25Hz/30Hz)、4,096×2,160ドット(30Hz)。

・Adobe RGBなど対応色空間の追加

 特にデジタルカメラの写真データへの対応を考慮し、多くの色空間を新たにサポート。sYCC601と、Adobe RGB、AdobeYCC61が新たに追加された。

さまざまな3D方式に対応 4Kもサポートした Adobe RGBなど多くの色空間に対応

・Micro HDMIコネクタ

 従来のミニコネクタよりさらに小型化した“マイクロ”コネクタ。ピンアサインは19pinと共通で、1080p映像出力などHDMI Ver.1.4のフル機能を実現できる。カメラやモバイル機器など向けに展開する。

ミニより小型化したMicroコネクタも Microコネクタ

・自動車用接続システム

 自動車の車室内HD信号伝送に向けて、ロック機構を備えたコネクタを開発。また、熱や振動、ノイズなどの自動車固有の環境での利用を想定して設計しているという。

 このほか、ディスプレイとプレーヤー機器の相互認証機能も追加。コンテンツタイプにあわせて、テレビの画質設定を自動的に変更する機能も備えており、たとえばデジタルカメラの入力と判断すると、自動的に静止画用モードに切り替えるなどの機能実装が可能となる。

自動車用コネクタではロック機構を装備 プレーヤーの出力信号を検出し、ディスプレイの画質モードを選択する機能も追加

 また、Ethernetチャンネルなどの機能追加によりケーブルの種類も増加。1080p以上の高速伝送が可能な「ハイスピード」のほか、1080/60iの「スタンダード」の2つに加えて、それぞれのEthernet対応版を定義。さらに、自動車用のケーブルも規定された。


種類 概要
スタンダードHDMIケーブル データ転送速度1080/60i
ハイスピードHDMIケーブル 1080p、DeepColor、3D対応
スタンダードHDMIケーブル
with Ethernet
スタンダード+HEC機能対応
ハイスピードHDMIケーブル
with Ethernet
ハイスピード+HEC対応
オートモーティブHDMIケーブル 自動車用

2009528日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.