◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、iTunesからのD&D転送可能なウォークマンS

−NC有無の2シリーズ9機種。歌詞表示対応


NW-S740のゴールドモデル。歌詞表示を行なっているところ

10月10日より順次発売

標準価格:オープンプライス

 ソニーは、ウォークマンSシリーズ2ライン、9モデルを10月10日に発売する。ノイズキャンセリング(NC)機能を備えた「NW-S740」は8/16/32GBの3モデルをラインナップ。NC無しの「NW-S640」シリーズは8/16GBの2モデルを用意。価格はいずれもオープンプライス。Windows XP/Vista。

 さらに、各シリーズに、ウォークマンを搭載できるスピーカーをセットにした「S740K」、「S640K」シリーズも用意。メモリ容量のバリエーションはスピーカー無しモデルと同じだが、S740Kシリーズのみ、32GBモデルはラインナップされない。

 各モデルの店頭予想価格は下表の通り。

シリーズ名 メモリ容量 モデル名 カラバリ 機能特徴 発売日 店頭予想価格
NW-S740 8GB NW-S744 ブラック(B)
ゴールド(N)
グリーン(G)
バイオレット(V)
ノイズキャンセル
同期歌詞表示
語学学習
D&D転送
10月10日 16,000円前後
16GB NW-S745 10月28日 19,000円前後
32GB NW-S746 25,000円前後
NW-S740K 8GB NW-S744K スピーカー付
ノイズキャンセル
同期歌詞表示
語学学習
D&D転送
10月10日 19,000円前後
16GB NW-S745K 10月28日 22,000円前後
NW-S640 8GB NW-S644 ホワイト(W)
ブルー(L)
オレンジ(D)
ピンク(P)
同期歌詞表示
語学学習
D&D転送
10月10日 14,000円前後
8GB NW-S644 ミルフィーユ
ピンク(PI)
ソニースタイル
限定カラー

同期歌詞表示
語学学習
D&D転送
9月下旬
予定
直販15,800円
16GB NW-S645 ホワイト(W)
ブルー(L)
オレンジ(D)
ピンク(P)
同期歌詞表示
語学学習
D&D転送
10月28日 17,000円前後
NW-S640K 8GB NW-S644K スピーカー付
同期歌詞表示
語学学習
D&D転送
10月10日 17,000円前後
16GB NW-S645K 10月28日 20,000円前後

 「NW-S644/PI」は、ソニースタイル限定販売のカラー「ミルフィーユピンク」モデルで、メモリ容量は8GB。9月下旬発売で価格は15,800円。同モデルを含め、ソニースタイルではSシリーズ全モデルを対象として、付属のヘッドフォンの代わりに、ソニースタイルが推奨するヘッドフォンを、ユーザーの視聴スタイルに合わせて選択できるサービスを実施予定。選べるヘッドフォンはMDR-NX3、MDR-AS50G、MDR-XB500を含む、複数を用意しており、選んだものによって価格も変わる。 

ソニースタイル限定のミルフィーユピンクモデル


■ カラオケ機能を搭載

 ノイズキャンセル機能を備えたS740シリーズのカラーリングは、高級感を重視。下位モデルのS640は、若年層の利用者を意識し、カラフルなカラーを取り揃えている。また、Sシリーズの全モデルに、9枚の共通壁紙をプリインストール。外装に合わせた壁紙が選択できる。

 最大外形寸法は92×41×7.9mm(縦×横×厚さ)。薄さは従来のS630F/S730Fと同程度、幅が若干スリムになった。また、角が丸かった従来モデルと比べ、天面と底面に傾斜をつけたソリッドな筐体に変化している。

S740の側面。天面と底面に傾斜をつけたソリッドな筐体に変化した ブラックモデル S740のカラーバリエーション

S640のカラーバリエーション

 Sシリーズにすべてに搭載する新機能として、中高生の若年層からニーズが高いというカラオケ機能を実現。上位モデル「A840」と同じ同期歌詞表示機能を備え、ウォークマンのディスプレイで、楽曲の再生に合わせて歌詞を自動スクロール表示できる。

 PC用の新管理ソフト「x-アプリ」とウォークマンを連携させて実現する機能で、「x-アプリ」から、JASRACと契約して歌詞データを販売しているシンクパワーが提供する歌詞データ販売サービス「歌詞ピタ」を利用。歌詞データを購入/ダウンロードし、「x-アプリ」上で楽曲データと結合。その楽曲をウォークマンに転送するという仕組み。

 歌詞データは有料で、シンクパワーのPC/携帯サイトで会員登録して利用。決済はPCの場合クレジットカード、携帯サイトでは携帯電話の使用料と一緒に支払える。支払い方法は月額とアラカルトの2種類があり、月額では150円で月10曲分(曲単価15円)、300円で月25曲(同12円)、1,000円で月110曲(同9.1円)などを用意。アラカルトプランは月の縛りが無い、半年間有効なダウンロード権で、10曲分購入で200円(曲単価20円)、22曲で400円(同18.2円)、70曲で1,000円(同14.3円)などとなる。


テレビ画面で楽曲の歌詞表示が可能

 なお、ウォークマン購入者には、歌詞データを20曲ダウンロードできる権利がプレゼントされる。同梱のバウチャー番号を「歌詞ピタ」の会員登録時に入力すると、ダウンロード権利が付与される。

 ウォークマン側では歌詞を1行あたり全角13文字の、3行表示が可能。表示のON/OFFが切り替えられるほか、サラウンド機能の「バーチャルホンテクノロジー(VPT)」から、ヴォーカルキャンセル機能の「カラオケ」を選ぶことで、歌詞表示と合わせ、カラオケの練習に活用できる。別売のAVケーブル「WMC-NWV10」(10月10日発売/実売3,000円前後)を使い、テレビに歌詞を表示することも可能。後述するウォークマン内の動画もテレビに表示できる。AVケーブルには転送/充電用のUSBケーブルも付属している。

 カラオケ以外にも、語学学習に便利な再生速度変更機能「DPC(デジタルピッチコントロール)」を備え、0.5倍の遅聞きから、2倍の早聞きまで、9段階の調整が可能。A-B間リピート再生や、再生中にボタンを押した回数に応じて再生位置を戻す「クイックリプレイ」機能も備えている。なお、DPCは歌詞表示中も使用できるが、A-B間リピート+クイックリプレイは排他利用。

 新アプリの「x-アプリ」は、従来の音楽管理・転送ソフト「SonicStage V」と、動画・静止画転送ソフト「Media Manager for WALKMAN」を統合したアプリで、10月からダウンロード提供される。なお、新S/Aシリーズの同梱ソフトは「SonicStage V」(5.2)で、「x-アプリ」はダウンロードして利用する形になる。PCがネットに繋がっている場合は「SonicStage V」をインストールしようとすると「x-アプリ」のダウンロードを勧められる。「x-アプリ」インストール時に、「SonicStage V」はアンインストールされる。「x-アプリ」は従来モデルの一部もサポート。また、新ウォークマンには「Media Manager for WALKMAN」は付属しない。

 再生に対応する音楽ファイルはMP3/HE-AAC/AAC(DRM無し)/WMA(DRM無し)/リニアPCM/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless。動画はMPEG-4 AVC/H.264とMPEG-4、WMV(DRM無し)に対応しており、従来はQVGAまでのサポートだったが、新たに720×480ドット、30fpsまでのファイルが再生できるようになった。



■ iTunesからのドラッグ&ドロップ転送に対応

 エクスプローラーなどを使い、楽曲のドラッグ&ドロップ転送に対応。映像や写真の転送もサポートする。さらに、iTunesの楽曲管理画面からのドラッグ&ドロップにも対応。iTunesのライブラリ画面に表示されている楽曲を選択し、ウォークマンの「MUSIC」フォルダにドラッグ&ドロップするだけで転送できる。ただし、iTunes Storeで購入した楽曲など、DRM付楽曲の転送はできない。またiTunesプレイリストの転送にも対応せず、アルバムジャケット転送など全ての機能をサポートしているわけではない。

 音質面では「クリアオーディオテクノロジー」を搭載。高音域補間技術「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」や、チャンネルセパレーションを向上する「クリアステレオ」、低音の歪みを抑える「クリアベース」を採用。付属のイヤフォンはEX300やノイズキャンセリングイヤフォンのNC33をベースとしており、ユニットは13.5mm径のバーティカル・イン・ザ・イヤータイプとなる。

 S740とS740Kは、ノイズキャンセル機能も装備。機能的にはS730Fシリーズと同等だが、周囲の騒音を約1/4に低減するという表記から、NC機能の測定方法を変更したため、「周囲の騒音を約90%カット」という表記に変更になった。

 スタミナもアップ。音楽再生(MP3/128kbps)は従来のS640F/S730Fの40時間から、42時間に向上。ビデオ再生(AVC Baseline Profile/384kbps)は10時間で変更は無い。また、バッテリーのへたりを防ぐため、フル充電の少し手前の約90%で充電を停止し、電池寿命をのばす「いたわり充電」機能も装備。ただし、いたわり充電時もバッテリアイコンはフルメモリまで表示される。メモリの最大値4から、3に変わるまでの時間が通常充電よりも短くなる。

 ほかにも、BDレコーダやPlayStation 3との連携も強化。BDレコーダからの「おでかけ転送」時にジャンル情報が引き継がれるようになり、レジューム再生にも対応。さらに、PS3から音楽、静止画、動画をウォークマンに転送したり、ウォークマン内のコンテンツをPS3から再生する機能も備えている。


■ スピーカーも改良

 Kシリーズに付属するスピーカーも改良。ユニットの構成などに変化は無いが、組み合わせるウォークマン側に「リニアフェーズコレクション」や「バーチャルバス」技術を投入。付属スピーカーと組み合わせた際に最適な音に、音像定位や低域強調などを行なう機能で、低域の深みを増し、シャカシャカした高域や箱鳴りを抑えたスピーカー出力ができるという。

 スピーカーはウォークマン側の電池でドライブする100mW×2chの最大出力モードと、付属ACアダプタを接続した1W×2ch出力の2モードが選択可能。細かい変更点だが、新スピーカーではACの接続端子が従来の真裏から、側面に移動。ACアダプタを接続した状態で、机の上などに倒すことができるようになり、前述の語学学習機能などと相性の良い設置が可能だという。

 また、本体搭載部の形状も工夫し、アクセサリのシリコンケースやストラップを付けたままスピーカーに搭載できるようになっている。

NW-S740のゴールドのスピーカー付モデル 背面。収納式のスタンドを備えている
AC接続部が側面に変更された NW-S640Kのブルーモデル

 なお、新ウォークマンでは、クレードルなどに搭載するためのアタッチメントを、従来の丸型から、細長いオーバル型に変更。今後のアクセサリはオーバル型対応となり、ウォークマンにも2010年3月までは丸型とオーバル型が両方付属。それ以降はオーバル型のみが付属するようになる。

S740用のソフトキャリングケース「CKS-NWS740」は10月28日発売。実売3,000円前後


(2009年 9月 16日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.