◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ビクター、重さ約95gの1080pビデオカメラ「PICSIO」

−“携帯電話サイズ”でSDカードにAVC記録。実売2万円


9月下旬発売

標準価格:オープンプライス


 日本ビクター株式会社は、ビデオカメラの新ブランド「PICSIO」(ピクシオ)を発表。第1弾となる「GC-FM1」を9月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後の見込み。カラーはブラック(B)、ブルー(A)、パープル(V)の3種類。

カラーはブラック、ブルー、パープル

 外形寸法97×53×17mm(縦×横×厚さ)、重量約95g(撮影時約100g)という“携帯電話並みのポケットサイズ”の本体で、1080p(1,440×1080ドット/30fps)のMPEG-4 AVC/H.264(MOV)撮影が可能なビデオカメラ。

 同社「Everio」シリーズは“思い出を残すためのファミリーアイテム”と位置づけられているのに対し、PICSIOは機能をシンプルにしたことで、すぐに取り出して撮影し、気軽にアップロードなどができることを重視した“気軽なコミュニケーションアイテム”としている。ユーザーは主に10代〜20代を想定する。

 総画素数817万画素、有効203万画素(静止画799万画素)の1/3.2型CMOSを搭載。動画は1080pのほかに720p(1,280×720ドット/60fps)、VGA(640×480ドット/60fps)、QVGA(320×240ドット/30fps)の記録モードを用意。静止画は最大3,264×2,448ドットで記録できる。記録メディアはSD/SDHCカードで、32GB SDHCカードの場合、1080p撮影で約5時間42分記録できる。

 レンズはF2.8。光学ズームは搭載せず、4倍までのデジタルズームが可能。電子式の手ブレ補正(動画撮影のみ)も利用できる。液晶モニターは2型/11.5万画素。HDMIミニ端子を備え、テレビなどに映像/音声出力ができる。コンポジット映像/アナログ音声のAV出力端子も装備。

撮影中の画面 レンズ部 底面にSDカードスロットとバッテリ収納部
側面にHDMIミニ端子とAV出力、USB端子を装備

 メニュー画面を採用せず、ボタン1回押しでほとんどの操作ができることも特徴。ズームや音量調整は上下ボタンで行なえるほか、動画/静止画切り替えなどに専用ボタンを設け、ダイレクトな操作を重視している。

 パソコンとはUSB 2.0で接続。付属ソフト「MediaBrowser LE」は、Everioに同梱されている「Everio MediaBrowser」からDVD書き出しなどの機能を省いたもので、簡易編集や、ウィザード形式でのYouTubeアップロード、iTunes転送などが行なえる。対応OSはWindows XP/Vista。なお、ソフトは本体メモリ内に格納されている。

 電源は内蔵バッテリで、連続撮影時間は約1時間36分(実撮影約48分)。充電はUSBで行なう。ストラップが付属する。なお、ACアダプタやSDカードは付属しない。

 なお、各色500台のモニター販売も実施。9月25日11時〜10月6日17時までサイト内で応募を受けつける。モニター価格は14,900円〜19,800円の入札制で、金額が高い順に購入者が決定する。モニターとして購入するには、申込み時と購入後の2度のアンケートに回答することが必要。詳細は告知ページで案内している。

テレビとのHDMI接続時 底面に三脚穴も設けている 付属ソフトのMediaBrowser LE


(2009年 9月 25日)

[ AV Watch編集部 中林暁]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.