◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アイ・オー、AVCHDやWindows 7と親和性高めた新「Link Player」

−Win 7から再生先として指定。カメラバックアップが手軽に


AV-LS700

12月下旬発売

標準価格:16,485円

 株式会社アイ・オー・データ機器は、DTCP-IPに対応したネットワークメディアプレーヤー「AVeL Link Player」の新モデル「AV-LS700」を12月下旬に発売する。価格は16,485円。

 AVeL Link Playerは、アクトビラなどに対応した高機能モデル「AV-LS500VX」(22,050円)、シンプル機能の低価格モデル「AV-LS500LE」(14,280円)をラインナップしているが、「AV-LS700」は価格を抑えながらAVCHD対応ビデオカメラとの親和性を高め、DLNAのデジタルメディアレンダラー(DMR)に対応。GUIのデザインもブラッシュアップした事が特徴。アクトビラには対応していない。なお、他の2機種も併売する予定。

上から見たところ。奥行きは短い 背面。HDMI出力を備え、Ethernet端子は2系統装備。ハブ機能を内蔵し、他のLAN対応機器を接続できる 前面にUSB端子と、新たにSDカードスロットを備えた

 前面にUSB端子を備え、新たにSD/SDHCメモリーカードスロットも装備。AVCHD対応のビデオカメラをUSB接続したり、録画したSDカードを読み込ませることで、撮影動画をAV-LS700から再生可能。さらに、AV-LS700にUSB接続したHDDに、データをバックアップすることができる。

 従来モデルでもAVCHDの複雑なフォルダ構造を下りていくことで、動画ファイルにアクセスする事はできたが、「AV-LS700」では、直接動画を一覧表示でき、ファイル名も撮影日時など、判別しやすい名前で表示される。

 なお、バックアップはビデオカメラやSDカード内のデータをまるごとバックアップする機能のみで、選択コピーや差分ファイルバックアップなどはできない。「PCを使いたくない人のために、わかりやすさを重視した」(アイ・オー・データ)という。

AVCHDビデオカメラを接続。動画を再生するだけでなく、USB接続のHDDに、中の動画をバックアップすることができる AVCHDの複雑なフォルダ構造を理解していなくても、ビデオカメラを接続したり、SDカードを挿入するだけで動画の一覧が表示される 複雑なフォルダ構造を下りてAVCHDの動画ストリームファイルにアクセスしたところ。ファイル名が数字のみで表示されているため、目的の動画かどうかわかりにくい

 将来的にはファームウェアのアップデートで、サムネイル入りの動画一覧表示や、細かなバックアップモードのサポート、LAN経由でLAN HDDにバックアップしたり、動画をオンラインのストレージサービスや動画投稿サイトにアップロードするなど、大幅な機能強化も検討されている。

 また、GUIも接続したビデオカメラやデジタルカメラを認識し、そのカメラのGUIデザインと近いメニュー表示に切り換え、デジタル機器に詳しくない人でも、カメラと同じ感覚で再生やコピーなどの操作がしやすいようにする事も計画。「メディアプレーヤーはPCの周辺機器というイメージがあるが、デジタルカメラやビデオカメラの周辺機器の1つとして、PCに詳しくない人でもデータの再生、バックアップ、オンラインでの公開などができるようにしていきたい」(同社)という。

 ネットワーク経由での再生では、DLNAクライアントとして動作。DTCP-IPに対応し、東芝の液晶テレビ「REGZA」やPC用地デジチューナで録画し、対応LAN HDDやPCのHDDに保存した番組を、LAN経由でストリーミング再生できる。

 GUIを刷新しており、長い番組名をスクロール表示したり、1画面に多数の番組をアイコンベースで表示するといった事も可能になった。また、操作レスポンスが向上しており、2〜100倍までの早送り/巻き戻しなどが高速に行なえるという。なお、Windowsファイル共有には対応していない。

REGZAで録画した番組を表示しているところ。一画面に沢山の番組を表示する事が可能に。また、長い番組名はスクロール表示されている 横にスクロールしながら番組を選ぶ通常のメニュー REGZAで録画した番組などがLAN経由で再生できる

 Windows 7をインストールしたPC内のファイルを再生する場合は、Windows 7に標準搭載されたWindows Media Player 12からのリモート再生に対応。DLNAのデジタルメディアレンダラー(DMR)機能に対応して実現しているもので、Media Player 12の画面上で動画や音楽ファイルを右クリックし、表示されるメニューの「リモート再生」から、再生先として「AVeL Link Player」を選ぶと、同ファイルを「AV-LS700」から再生させる事が可能。離れた部屋にある「AV-LS700」を制御したり、小型PCをリモコンのように活用する事ができる。なお、著作権保護されたコンテンツの再生には非対応。

Windows Media Player 12のリモート再生からAVeL Link Playerを選んでいるところ プレイリスト再生なども使用できる

 HDMI 1.3aの出力端子を備え、HDMI CECにも対応予定。対応テレビと接続すれば、テレビと「AV-LS700」のどちらのリモコンでも操作でき、電源連動なども可能。また、「AV-LS700」の付属リモコンには、他社のテレビの制御信号もプリセットされており、チャンネル変更などのテレビの基本操作はHDMI CECと関係なく、Link Player付属のリモコンから行なえる。

 ネットの投稿動画サイトの動画を、テレビで鑑賞する事も可能。トップメニューの「アイ・オー ポータル」にアクセスすると、「最近追加された動画」や「人気の動画」、「評価の高い動画」などのメニューが表示され、好きな動画を探すことができる。なお、ポータルからアクセスできる動画サイトは明言されていないが、発表会で見たところYouTubeで、11月に開始された1080p動画にも対応できる模様だ。

付属のリモコンも新デザインに変更。他メーカーのテレビの制御信号もプリセットされており、テレビのチャンネル操作などが行なえる メインメニュー画面。目的の操作がアイコンで選択できる- ネットの投稿動画サイトのコンテンツを再生する「アイ・オー ポータル」の画面

 再生対応フォーマットは、動画がWMV9(VC-1)やMPEG-1/2(PS/TS)/4(ASP)、H.264、Xvidに対応。1,920×1,080ドットの30fps動画も再生可能。「ハードウェアスペック的にはフルHDの60pまで再生できるパフォーマンスは備えている」(同社)という。ビットレートはWMVが最大10Mbps、H.264が10Mbps、MPEG-2 PSが15Mbps、MPEG-2 TSが25Mbps、AVCHDが24Mbpsまでサポート。また、ISOファイルの再生には対応しない。音楽はWMA/WMA9 Pro/MP3/PCM/AACに対応するが、DRM付きファイルは非対応。静止画はJPEG/BMP/PNG/GIF/TIFFに対応する。

 Ethernet端子は背面に2ポート用意しており、ハブ機能を内蔵。ルータなどと1ポート接続した後、残りの1ポートに、それまで接続されていたゲーム機やSTBなどを接続する事ができ、LAN端子不足を防ぐことができる。

 出力端子はHDMI×1(1080p対応)、コンポジット×1、アナログ音声(RCA)×1、光デジタル×1。USB 2.0端子を前後に計2系統、前面にSD/SDHCカードスロットを装備する。USB端子にはUSB接続のマルチカードリーダなどを接続する事も可能。外形寸法は約260×125×43mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約930g。

モデル名

AV-LS700 AV-LS500VX AV-LS500LE
価格 16,485円 22,050円 14,280円
ネットワーク再生
Windows 7対応
(Windows Media Player12の利用)
(リモート再生)

(リモート再生非対応)

(リモート再生非対応)
DTCP-IP対応 -
DVD ISOイメージ再生 - -
(DVDナビゲーション
非対応)
Windowsファイル共有 - -
WM-DRM10対応
(DMM等の購入済コンテンツ再生)
- -
ビデオカメラ連携
AVCHD再生
(ナビゲーション
機能なし)

(ナビゲーション
機能なし)
AVCHDからHDDへの保存 - -
インターネット動画サービス
アクトビラの視聴 - -
DMM.TVの視聴 - -
投稿動画サイトの
視聴(MP4対応)

(ベータ版)

(ベータ版)
-
便利機能
コンテンツのサムネイル表示 -
マルチカード
リーダー・ライター対応
-
HDMI CEC対応 -
ハードウェア
LANポート 2系統 1系統 1系統
USBポート 2系統 2系統 1系統
SDカードスロット - -
テレビプリセット対応
高機能リモコン
- -
電源内蔵
(ACアダプタ不要)
- -


■ ネットワーク対応のUSBハブ

 AV-LS700の発表会場では、11月25日に発表された、ネットワーク対応のUSBハブ「ETG-DS/US」(12月中旬発売/7,770円)も展示された。

ETG-DS/US USB接続のHDDやドライブ、チューナなどを接続 LAN経由でそうしたUSB機器を使用できる

 USB端子を2系統備えており、接続した機器をLAN経由で、離れた場所にあるPCで使用/共有できるのが特徴。例えば「ETG-DS/US」にDVDドライブを接続し、離れた場所の光学ドライブ非搭載のノートPCから、LAN経由でDVDビデオを視聴する事が可能。その場合、PCに管理ソフト「net.USBクライアント」のインストールが必要で、このソフトを使うことでLANを介した接続を、あたかもUSB接続しているように利用できる。他のユーザーが接続中のUSB機器を使いたい場合に切断を依頼するメッセージ通知機能も備えている。

 プリンタを共有したり、USB接続のHDDをLAN HDDとして使うといった事ができる一方、AV的な使い方として、USB接続に対応した同社のテレビキャプチャ製品「GV-MC7/VZ」や、ワンセグチューナ「GV-SC300」、「GV-SC400」との接続をサポート(GV-MC7/VZは単体接続のみ対応)。電波の入りが良い場所や、壁にアンテナ端子がある部屋などにキャプチャ製品と「ETG-DS/US」を置き、LAN経由で離れたPCで地上デジタル放送を楽しむ、といった使い方も可能になる。ただし、デジタル放送はデータ量が多いため、IEEE 802.11nでの使用が推奨される。

□関連記事
【11月25日】アイ・オー、USB機器を繋いでLAN上で共有できる「ETG-DS/US」 (BB Watch)
http://bb.watch.impress.co.jp/docs/news/20091125_331184.html


(2009年 12月 1日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.