◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ガンダムなど無断で上映していたネットカフェを捜索

−著作権法違反の疑いで。ファイル共有ソフトで入手


1月26日発表

 千葉県警生活経済課サイバー犯罪対策室と市川署は26日、権利者に無許諾でアニメ上映を行なっていたとして、インターネットカフェ「まんがランド本八幡店」ほか3カ所を、著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで捜索した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が同日に明らかにしたもの。

 被疑者は、1月13日〜15日頃までの間3回にわたり、店内において、サンライズが著作権を保有する「機動戦士ガンダム 第1話 ガンダム大地に立つ!!」と、小学館集英社プロダクションが著作権を保有する「『メジャー MAJOR・第1シリーズ・1st.Inning』(第1話 吾郎の夢、おとさんの夢)」、東映アニメーションが著作権を保有する「TVシリーズ用アニメーション『ドラゴンボール』第1話『ブルマと孫悟空』」を客2人に対し、パソコンを通じて上映。著作権を侵害した疑いが持たれている。

 被疑者はアニメーションなどを店舗内のサーバーに蔵置した上で、客用に設置したパソコンからアクセスできる状態にすることで、不特定多数が閲覧できる状態にしていたという。なお、「Share」や「Perfect Dark」などのファイル共有ソフトを通じ、アニメなどを入手していた。

 2009年12月、千葉県警に情報提供があり、事件が発覚。今回、まんがランドの店舗4カ所を捜索し、そのうち本八幡店では、パソコン3台、サーバー7台、HDD26台を押収した。


(2010年 1月 26日)

[ AV Watch編集部 大類洋輔]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.