◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、ウォークマンを一新。A/S/Eシリーズを披露

−スマートフォンに無い「専用プレーヤー」の利点を訴求


 ソニーは、ウォークマンのA/S/Eシリーズを一新。15日に都内で新商品体験イベントを開催し、報道時に新製品を披露。製品戦略などについて説明が行なわれた。

 発表された新ラインナップは下表の通り。各製品の詳細については個別の記事で紹介している。

発表された新ウォークマン 手前からAシリーズ、Sシリーズ、Eシリーズ ソニースタイルオリジナルモデル

【ウォークマン】

シリーズ 型番 メモリ容量 主な特徴 カラー 発売日 店頭予想価格
Aシリーズ
(NW-A850)
NW-A855 16GB S-Master
デジタルNC
ちょい聴きmora
2.8型有機EL
歌詞ピタ
カラオケ
ブラック
ロゼピンク
ホワイト
11月13日 24,000円前後
NW-A856 32GB 30,000円前後
NW-A857 64GB ブラック
ホワイト
40,000円前後
Sシリーズ
(NW-S750/NW-S750K)
NW-S754 8GB デジタルNC
ちょい聴きmora
2型液晶
歌詞ピタ
カラオケ
ブラック
ビビッドピンク
バイオレット
ゴールド
ブルー
ライトピンク
グリーン
ホワイト
10月9日 14,000円前後
NW-S755 16GB 17,000円前後
NW-S756 32GB 20,000円前後
NW-S754K
(スピーカー付き)
8GB 17,000円前後
NW-S755K
(スピーカー付き)
16GB 20,000円前後
Eシリーズ
(NW-E050/NW-E050K)
NW-E052 2GB ちょい聴きmora
1.4型液晶
歌詞ピタ
ブラック
シルバー
ピンク
ブルー
10月9日 8,000円前後
NW-E053 4GB 10,000円前後
NW-E052K
(スピーカー付き)
2GB 10,000円前後
NW-E053K
(スピーカー付き)
4GB 12,000円前後


【ウォークマン用クレードル付きコンポ/スピーカー】

型番 主な特徴 発売日 店頭予想価格
CMT-L7D 9型液晶搭載
DVD再生
10月9日 50,000円前後
RDP-NWD300 iFS技術で高音質化 10,000円前後
RDP-NWSK8 フロントカバーシート着せ替え 20,000円前後
RDP-NWR100 防水 6,000円前後



■ ソニースタイルで刻印サービスやイヤフォン交換サービスも

刻印サービスの例

(C)Disney
(C)Disney.Based on the "Winne the Pooh" works,by A.A.Miline and E.H.Shepard

 直販サイトのソニースタイルでは、既報の通りSシリーズ/Eシリーズのオリジナルモデルも発表された。さらに、Sシリーズを対象として、本体背面へのディズニーキャラクターのデザイン刻印サービスを無料で受けることも可能。

 刻印できるキャラクターは「くまのプーさん」、「ミッキー&ミニー」、「スティッチ」の3種類。全9色のSシリーズから好きな色とキャラクターを選んでサービスが受けられる。また、刻印されたキャラクターのオリジナル壁紙もプリインストールされた状態で購入できる。

 そのほか、上記キャラクターがデザインされたクリアケース「RT-DSS750/PO」(プーさん)、「RT-DSS750/MM」(ミッキー&ミニー)、「RT-DSS750/ST」(スティッチ)も別売で用意。発売は9月下旬で、直販価格はそれぞれ1,680円。

 Eシリーズ(ソニースタイルオリジナルモデル含む)には、各モデルの直販価格に980円を追加することで、付属イヤフォンを女性向けの「Jienne」(ジェンヌ/MDR-EX80LP/通常直販価格2,980円)に替えることが可能。また、Sシリーズは、直販価格に3,480円を追加することで、付属イヤフォンをネックストラップ型の「MDR-NWN33S」(通常直販価格6,480円)に変更できる。

 フロントパネル部分のシートが着せ替え可能なドックスピーカーの「RDP-NWSK8」では、付属のグラフィックシートにミッキー&ミニーなどのキャラクターがデザインされた3モデルを9月下旬に発売する。

 用意されるのは「RDP-NWSK8/PO」(プーさん)、「RDP-NWSK8/MM」(ミッキー&ミニー)、「RDP-NWSK8/ST」(スティッチ)の3モデルで、直販価格はそれぞれ19,800円。交換用シートはリバーシブルとなっている。

 これらのサービスや限定モデルは、直販サイトのソニースタイルのほか、直営店のソニーストア銀座/名古屋/大阪、全国のe-sony shopで利用/購入できる。

別売クリアケースにもディズニー仕様を用意 刻印サービスとディズニークリアケースの併用例 ドックスピーカーの「RDP-NWSK8」の交換シートがディズニーデザインとしたモデル。写真左/右のデザインが、それぞれ表/裏のリバーシブル仕様となっている
(C)Disney
(C)Disney.Based on the "Winne the Pooh" works,by A.A.Miline and E.H.Shepard


■ 「音楽専用プレーヤー」ならではの楽しみを提供

ソニーマーケティングの中牟田寿嗣氏

 15日に行なわれた説明会で、ソニーマーケティングのパーソナルAVマーケティング部 中牟田寿嗣部長は、これまでのウォークマンについて「1年前に行なった体験イベントでアピールした“機能そのものだけでなく、新しい音楽体験の提供”が評価された」と自信を見せる。

 ソニーが“新しい音楽体験”として強調しているのは主に「歌詞ピタ」(歌詞表示機能)と、「高品質」(クリアオーディオテクノロジーなど)の2つ。中牟田氏は「歌詞表示機能は、10代の32.4%が購入重視ポイントとして挙げている。これからも若年層に新しい提案を行ないたい」とした。また、購入重視ポイントを、(他社も含めた)ポータブルオーディオプレーヤー全体と、ウォークマンで比較したデータをもとに、「ウォークマン購入時には音質やノイズキャンセリング機能が重視された」とした。

 一方、「スマートフォンで音楽を聴く」というユーザーの動向についても注目しており、「スマートフォンユーザーの61%がスマートフォンで音楽を聴いている」という同社の調査を紹介。そのなかで、スマートフォンで音楽を聴く場合の不満点として上位に挙げられた「スタミナ」(バッテリ)と、「音質」、「操作性」について、音楽専用プレーヤーとしての優位性を強調した。

 中牟田氏は、新しいウォークマンの強化ポイントを5つ挙げており、「高音質」についてはデジタルノイズキャンセル(NC)機能搭載モデルの拡大、「スタミナ」は最長50時間の連続再生、「操作性」は“3サークルデザイン”の全シリーズでの採用、「新しい音楽体験」は歌詞/カラオケ/ちょい聴きmora、「ドック/機器連携」では全機種WM-PORT搭載をアピールした。

ウォークマンSシリーズのユーザーが回答した購入重視ポイント。ピンクが若年層、ブルーが全世代の回答 ウォークマンユーザーと、ポータブルオーディオプレーヤーのそれぞれの購入重視ポイント ウォークマンが目指す「新しい音楽体験」
同社調査では、スマートフォンユーザーの61%がスマートフォンで音楽を聴いているという スマートフォンで音楽を聴くことに対する不満点 新ウォークマンの5つの強化ポイント


菅谷直樹氏

 シリーズごとの訴求ポイントについては、パーソナルAVマーケティング部 パーソナルデバイスMK課の菅谷直樹氏が説明。初めて全モデルにデジタルNCを搭載したSシリーズについては、高音質と歌詞表示機能の強化(カラオケの採用)などを挙げ、新規ユーザーや若年層、20代の買い替え層をターゲットとしている。

 また、前モデルの「A840」のユーザーの97%が「音質に満足している」(非常に満足64%/まあ満足33%)という結果になったAシリーズは、Sシリーズとの大きな違いである、デジタルアンプ「S-Master」や、64GBモデルの採用、2.8型有機ELで「高音質/高画質」を訴求。Sシリーズからのステップアップや、他のプレーヤーからの買い替え層を取り込むという。

 Eシリーズは、エントリーモデルながら、本体を従来のスティック型からプレート型に変更し、液晶を大型化。ダイレクト録音機能も搭載したことでPCレスの利用を提案し「初めてデジタルオーディオプレーヤーに触れる層を獲得したい」とした。

 なお、今回のラインナップでは、Aシリーズを最上位と位置付けており、それまで“最高峰シリーズ”としていた「Xシリーズ」の発表は無かった。Xシリーズの次期モデルについて同社は未定としている。

Sシリーズ Aシリーズ Eシリーズ


「iFSテクノロジー」搭載のRDP-NWD300

 そのほか、同日に発表されたウォークマン用ドックコンポ/スピーカーについても説明。ウォークマンに初めてスピーカー付属モデルを発売してから約2年が経ったことから「付属スピーカーで聴くユーザーが、ドックスピーカーに興味を持つタイミングになっているのでは」とし、こうしたユーザーへのステップアップを提案する。

 注目モデルとして「電流駆動のiFSテクノロジーを採用したRDP-NWD300の音を体感してほしい」としたほか、女性からの要望が高かったという浴室利用が可能な防水モデルRDP-NWR100を紹介。「用途別、ライフスタイル別の提案ができるようになった。今後も潜在需要を掘り起こしたい」と意欲を見せた。

9型液晶搭載のCMT-L7D フロントパネル部分のシートが着せ替えRDP-NWSK8 WM-PORT搭載の他社製スピーカーも展示されていた。同じく15日に発表されたハーマンの「JBL ON STATION MICRO II WM」(写真左下)や、ロックリッジサウンドの「SG-W10」(写真中央上)など


(2010年 9月 15日)

[ AV Watch編集部 中林暁]