◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、スーパー35mm相当CMOS搭載のデジタルシネマカメラ

−新開発のExmorを搭載。PLレンズ対応


PMW-F3L(レンズやマットボックス、フォローフォーカスなどは別売)

 ソニーは、スーパー35mm相当の単板CMOSセンサーを搭載し、PLマウントレンズに対応したデジタルシネマ用ビデオカメラ「PMW-F3K」(レンズ付属)、「PMW-F3L」(レンズ別売り)を2011年2月1日より発売する。価格はPMW-F3Kが220万5,000円、PMW-F3Lが152万2,500円。

 スーパー35mm相当Exmorイメージセンサーは、1.7型対角27.1mmの大型単板イメージセンサー。従来のデジタル一眼カメラ用や放送用カメラのCMOSに比べて、約4倍の画素面積を有しており、感度やダイナミックレンジを大幅に向上している。CMOSの解像度は非公開。デジタルシネマカメラへのCMOS採用は今回が初という。

 新CMOSの採用により、感度F11(ISO800)、SN比 63dBの高感度/低ノイズにより、低照度環境下での撮影能力を向上しているという。レンズは映画用フィルムカメラで標準となっている、PLレンズに対応。PMW-F3Kに、35/50/85mm T2.0の単焦点PLレンズ3本が付属する。


スーパー35mm相当 Exmor CMOSイメージセンサーを採用 スーパー35mm相当 Exmorのロゴ

 記録解像度は最高1,920×1,080ドット、映像圧縮にはMPEG-2 Long GOP方式を採用。記録フォーマットは従来のXDCAM EXシリーズと共通で、収録から完パケまでXDCAM EXシリーズのワークフローで運用可能。DVCAMフォーマット(DV-AVI type2)によるSD記録にも対応する。スロー撮影やクイックモーション撮影にも対応。720/23.98p記録時にフレームレートを60フレームに設定すると1/2.5倍速のスロー映像記録が可能となる。

 また、2011年発売予定の別売オプションを装着することで、3D撮影に対応。2台のPMW-F3を専用線接続し、1台のカメラリモコンから同時に制御可能となり、3Dリグを使った3D撮影時のカメラの同期運転が可能となる。記録メディアはExpressCard/34×2。

 0.45型/852×480ドットの液晶ビューファインダーと、3.5型640×480ドットの半透過型液晶ビューファインダーを装備。出力端子としてHD-SDIやBNCのほか、HDMI×1、オーディオ出力(RCA×2)などを装備。オーディオ入力(XLR×2)やIEEE 1394、リモート端子、USBなども装備する。

 外形寸法は151×210×189mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.4kg。バッテリ「BP-U60」使用時の連続動作時間は約130分(HD-SDI Duali Link ON)/約170分(同OFF)。


(2010年 11月 8日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]