◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ナナオ、23型フルHDの裸眼3D液晶ディスプレイ

−独自バックライト技術でフルHDで3D表示


DuraVision FDF2301-3D

 ナナオは、3Dメガネを用いることなく3D立体映像を参照できる裸眼3D液晶ディスプレイ「DuraVision FDF2301-3D」を2011年度上半期に発売する。価格はオープンプライスだが、「数百万円程度になる」(同社)という。SEM(走査電子顕微鏡)や半導体検査装置への搭載、各種学術機関などへの展開を想定している。

 23型のフルHD/1,920×1,080ドットパネルを搭載。独自のDirectional Backlight(指向性光源)方式により、液晶パネルのもつフルHDの高解像度を活かして3Dの表示が可能。

 同方式では、裸眼3Dを構成する右目用と左目用の「視差画像」を同じ画素から時間差で表示するため、フルHD解像度のまま、奥行き分解能に優れた3D映像を実現できるという。ユーザーの左右の目に届く視差映像(光)の方向をLED光源で決定するため、他の裸眼3D方式で問題となるバリアやレンズを用いることによるモワレや縞目の発生が無い点も特徴。また、原理上、一定の角度で表示画像が反転して見える「逆視」も発生しないという。

 最適立体視距離は890mmで、立体視可能裕度(左右方向)は65mm。3DモードはSide by Side、Anaglyph、Frame Sequential、Dual Inputが選択できる。入力端子はDVI-D×2とVESA Stereo Sync×1。上10度、下5度のチルト機構や360度のスイーベル機構を装備。外形寸法は650×261.7×566.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約16kg。

 12月1日から3日に福岡国際展示場で行なわれる、ディスプレイ国際ワークショップ(IDW'10)でデモ機の展示を行なう予定。

奥行は約262mm 前面

(2010年 11月 30日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]