◇ 最新ニュース ◇

2014年9月19日

2014年9月18日

2014年9月17日

【Watch記事検索】

ソニー、CMOS強化に向け'11年度に1,000億円の設備投資

−イメージセンサーの総生産能力を倍増へ


長崎テック

 ソニーは27日、ExmorなどのCMOSイメージセンサーの供給体制強化のため、2011年度内に約1,000億円の設備投資を実施すると発表した。

 ソニーセミコンダクタ九州 長崎テクノロジーセンター(長崎テック)におけるCMOSイメージセンサーの生産能力の増強を目的としている。この中には、12月24日に発表した東芝との基本合意書で予定されている半導体製造設備の取得に加え、同半導体製造設備の一部をCMOSイメージセンサーが製造できるウェーハラインへ整備するための投資、長崎テック 3号棟における、ソニーのCMOSイメージセンサーの差異化のための、ウェーハ加工の一部設備などの設置、整備のための投資が含まれている。

 今回の投資により、スマートフォンやデジタルカメラで需要拡大しているCMOSセンサーExmorやExmor Rの供給体制を強化。CMOSイメージセンサーのリーディングカンパニーとての地位を強化するという。

 なお、9月に発表したソニーセミコンダクター九州熊本テクノロジーセンターへの約400億円投資に加え、今回の投資により、ソニーはCCDとCMOSイメージセンサーの総生産能力を、現在の約25,000枚/月から、2012年3月末までに約50,000枚/月へと増強する。


(2010年 12月 27日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]