◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

オンキヨー、radiko/DLNA対応のエントリーAVアンプ

−4KアップスケーリングやiPhoneデジタル入力も


TX-NA609

 オンキヨーは、AVアンプのエントリーモデル2機種を3月18日より順次発売する。価格と発売日は、「TX-NA609」が84,000円で3月18日発売、「TX-NA579」が71,400円で3月25日発売。カラーは、NA609がブラック(B)とシルバー(S)、NA579がブラック(B)のみとなる。

 いずれも7.1ch対応のAVアンプで、エントリーモデルながらネットワーク機能を搭載し、新たに、ラジオのストリーミング配信サービス「radiko.jp」に対応。同社は「radiko対応はホームオーディオ機器として初めて」としている。また、ビデオのアップスケーリング機能では最大4K解像度への変換に対応した。両機種の主な違いは、アンプ出力や、HDMI入力の数、アナログRGB(D-Sub 15ピン)の有無など。それぞれ、SA608/SA578の後継機種だが、ネットワーク機能に対応したことで、上級機と同じ「NA」型番を冠している。

 他のネットワーク対応モデルと同様に、Podcastや、vTunerが提供するサイトを経由してインターネットラジオが聴取できるほか、新たに東京や大阪などの対象地域では、radiko.jpの聴取も可能になった。また、DLNA 1.5をサポートし、対応PCやLAN HDDなどの音楽を再生可能。Windows 7のPC音源を高音質再生する「Play To」にも対応。WMA LosslessやFLACなどのファイルも再生でき、24bit/96kHz音源もサポートする。

 アンプ出力は、NA609が定格130W×7ch、最大190W×7ch、NA579が定格100W×7ch、最大160W×7ch(いずれも6Ω時)。NA609はディスクリート構成のトランジスタアンプを採用し、3段インバーテッドダーリントン回路により、音声電流の変換に対しても、最終段の安定した動作を実現。独自のアナログ信号生成技術「VLSC」や、ワイドレンジアンプ技術「WRAT」も搭載する。NA579はICアンプを使用する。

TX-NA609のブラック TX-NA609のシルバー TX-NA579はブラックのみ

 HDMI入力はNA609が6系統、NA579が4系統で、出力はいずれも1系統。3D映像伝送や、ARC(オーディオリターンチャンネル)、CECにも対応する。アナログ映像などを、アップスケーリングしてHDMIから出力する機能も搭載。Marvellの「Qdeo」技術を採用し、新たに最大4K(3,840×2,160ドット)への変換に対応。コンポジット/D4/コンポーネント/HDMIからの480i映像などを、1080pや4Kにアップスケーリングできる。

 前面にUSB端子を備え、iPhone/iPodのデジタル入力にも対応。USBメモリなどに収めた高音質ファイルも再生できる。そのほか、iPhone/iPod touchアプリ「Onkyo Remote」からの操作も可能。iPhoneなどからの基本操作のほか、ネットワーク上にあるPCやLAN HDDの楽曲やインターネットラジオの選局、再生楽曲のジャケット画像表示などが行なえる。

 小音量でもバランスの取れた再生が行なえるオプティマムゲイン・ボリュームを搭載。Audysseyの音響技術として、音量の自動調整機能Dynamic Volumeや、小音量時にサラウンド効果を高めるDynamic EQを搭載。また、付属マイクを使った自動スピーカー設定機能の「Audyssey 2EQ」も利用できる。圧縮音源を高音質化するミュージックオプティマイザーも備える。

 フロントスピーカーの上にフロントハイスピーカーを追加して、上下方向のサラウンドを強化する「ドルビープロロジックIIz」に対応。NA609は「Audyssey DSX」にも対応する。また、NA609は「THX Select2 Plus」にも準拠している。

 本体前面がフラットな新デザインを採用。底面は楕円状のプレスラインを設けたシンプルな構造の「オーバルシャーシ」を採用し、振動波の折り返しを分散することでノイズを排除している。ボリュームノブ周辺部は白く光るライトを備えており、ON/OFFやディマーも可能となっている。操作画面は、半透過画面のオーバーレイOSDを採用する。いずれも、プリプログラム対応リモコンが付属する。

TX-NA609の背面 TX-NA579の背面 前面に、iPhone/iPod接続対応のUSBを装備
TX-NA609の付属リモコン「RC-805M」 TX-NA579の付属リモコン「RC-802M」 電源ON時にボリュームノブ周辺部が白く光る。このライトはOFFにすることも可能
【主な仕様】

型番 TX-NA609 TX-NA579
定格出力 130W×7ch 100W×7ch
最大出力 190W×7ch 160W×7ch
HDMI入出力 入力×6、出力×1 入力×4、出力×1
その他映像入出力 入力:D4×2、コンポーネント×2、コンポジット×5、
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
出力:D4×1、コンポーネント×1、コンポジット×2
入力:D4×2、コンポーネント×2、コンポジット×5
出力:D4×1、コンポーネント×1、コンポジット×2
音声入出力 入力:同軸デジタル×2、光デジタル×2、アナログ×7
出力:アナログ(RCA 2ch)×1、アナログ7ch×1、
サブウーファ×2
入力:同軸デジタル×2、光デジタル×2、アナログ×7
出力:アナログ(RCA 2ch)×1、サブウーファ×1
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
435×328×173.5o
重量 11s 9s


(2011年 3月 1日)

[ AV Watch編集部 中林暁]