◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

日立、3Dやスマートフォン連携の薄型TV「Wooo GP08」

−3チューナで“スマート録画”。液晶も新エコ機能


P50-GP08(左)と、L42-XP08(右)

 日立コンシューマエレクトロニクスは、薄型テレビ「Wooo」の新モデルとして「Wooo GP08シリーズ」と「Wooo XP08シリーズ」を8月27日より順次発売する。

 プラズマテレビのGP08シリーズは、50型の「P50-GP08」、46型「P46-GP08」、42型「P42-GP08」の3モデルで8月27日に発売。液晶テレビは42型「L42-XP08」、37型「L37-XP08」、32型「L32-XP08」の3モデルで9月10日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は145,000円〜32万円前後。


型番 タイプ 解像度 3D 特徴 発売時期 店頭予想価格
P50-GP08 プラズマ 1,920×1,080ドット 地デジ×3
500GB
AVネットワーク
スマートフォン連携
8月27日 32万円前後
P46-GP08 27万円前後
P42-GP08 22万円前後
L42-XP08 液晶 1,920×1,080ドット - 9月10日 19万円前後
L37-XP08 17万円前後
L32-XP08 1,366×768ドット 145,000円前後
P50-GP08 L42-XP08 L42-XP08
新Woooの目指すもの

 GP08シリーズでは、同社自社開発の民生用テレビとしては初の3D対応で、独自のピクセルマネージャーEXなどにより、3D高画質化を実現。GP08/XP08シリーズともに、前シリーズの充実した録画機能を継承し、地上デジタル3チューナを搭載し、2番組同時録画中の裏番組視聴に対応。G-GUIDEの注目番組表や簡単検索/キーワード自動録画などの録画機能を搭載している。

 また、iPhoneやiPadからの操作にも対応。発売にあわせて、「Wooo Remote Lite for iPhone/iPad」を8月下旬にApp Storeで提供。チャンネル操作や録画番組の再生や早送りなどに対応する。加えて、2011年内に番組表表示や録画予約にも対応する有料アプリ「Wooo Remote for iPad」も提供予定。


 


■ プラズマGP08は、同社初の3D対応。センサー連携の見逃し防止機能も

・プラズマ「GP08シリーズ」

ピクセルマネージャーEXで3D高画質化

 プラズマ「GP08シリーズ」は、50/46/42型のいずれも1,920×1,080ドットフルHD「ダイナミック・ブラックパネル EX」を採用。パネル前面にピュアカラーフィルターを直接貼ることで、色鮮やかな映像を実現しながら、外光反射も抑制する。コントラストは500万:1。動画解像度は1,080本。

 自社開発のテレビとして初の3D対応で、新たに3D映像に対応した超解像技術「ピクセルマネージャーEX」を搭載。フレームシーケンシャル方式の3D映像表示に対応し、入力した3D映像の左右にそれぞれ最適な超解像処理を行なうことで、臨場感を高める。

 具体的には、入力映像に対し映像の部分ごとに解像度を分析、圧縮時に失われたデータを類推し、その部分に適した復元処理を実施。解像度情報から部分ごとの精細度向上度合を分析して、解像感の回復処理を行なう。

ピクセルマネージャーEXの解説 ピクセルマネージャーEXの効果を設定 ピクセルマネージャーEXを使った「P50-XP08」(左)と前モデル「P50-XP07」(右)の比較
別売の3Dメガネ「TP-AE3D200」

 また、2D-3D変換機能も搭載し、放送番組や録画番組、BD/DVDなども3D化して楽しめる。また、テレビ用に変換された60コマのフィルム映像から、24コマの映像を抜き出し、動き補間アルゴリズムにより左目/右目のそれぞれに60コマ/秒の映像を新たに作り出す「なめらかシネマ」も3Dに対応する。

 なお、3Dメガネ「TP-AE3D200」は別売で価格はオープンプライス。店頭予想価格は1万円前後。


・液晶「XP08シリーズ」

L37-XP08(左)、L32-XP08(右)

 液晶「XP08シリーズ」は、42/37型が1,920×1,080ドット、32型は1,366×768ドットの「IPSクリアLEDパネル」を採用する。光沢処理パネルとLEDの採用によりコントラストが高く艶のある映像を実現。視野角は178度。なお、3Dには対応しない。

 バックライトにはLEDを採用し、「液晶倍速120コマ」に加え、42/37型は映像信号に合わせてバックライトを上下方向に点滅させるバックライトスキャニングに対応。残像を効果的に低減する。42/37型はLEDエリアコントロールにも対応し、映像エリアごとに分割してバックライト発光を細かく制御し、コントラスト感を向上する。

 超解像技術の「ピクセルマネージャーSG」を採用。入力信号の解像度を分析し、部分ごとに最適な精細度に向上することで、奥行きや精細感を高める。


・人感節電センサーなど節電機能も強化

 上記のパネルの種類や、3D対応以外の高画質処理回路などは共通化しており、高画質画像処理技術「Picture Master3」を搭載する。映像シーンの輝度分布をヒストグラム検出し、その結果をもとに輝度や色信号を適応的に処理して、滑らかな階調を実現する「アドバンスドダイナミックコントラスト2」や、「3次元デジタルカラーマネージメント2」、「アドバンスドデジタル3次元リダクション」などを採用する。

GP08シリーズは人感節電センサーを搭載

 自動画質調整機能の「インテリジェント・オート高画質3」を搭載。前面のセンサーにより、蛍光灯や白熱灯、LED照明などの様々な室内照明環境を緻密に判定するほか、番組のジャンルや映像シーンの情報により、視聴環境に最適な画質に調整する。センサーオート時にSDカードやHDMI端子から写真データが入力された場合、写真をより自然な階調や色彩で再現する「クリエイティブ・フォト」も引き続き搭載する。

 さらにプラズマの「GP08シリーズ」では、人感節電センサーを搭載。テレビ視聴中の離席やうたた寝などで、視聴者が5分以上テレビを見ていないと判断した場合、自動で節電モードに移行する。節電モードは、消画して音声のみ再生するモードと、映像を暗くするモードの2種類を用意。30分以上節電モードが続くと、自動で電源OFFとなる。

 この人感センサーを活用した、録画番組の「再生連携」にも対応。Woooの録画番組再生中に視聴者の移動を感知した場合、そのシーンに自動でチャプタを付与。ユーザーが視聴位置に戻ってきた際に、「続きを見る」の確認画面を表示し、離席した直後のシーンから再生可能にするというもの。なお、この機能が利用できるのは“録画”番組の視聴時のみとなる。

人感センサーを搭載 録画番組視聴中に、離席して戻ってくると、離席した時点の再生ポイントを呼び出して再生できる

 液晶のXP08シリーズは人感センサーは備えていないものの、「センサーオートe」を搭載。周囲の明るさを検知し、バックライトを制御するほか、明るい映像のバックライト発光を抑え、省エネ化を図る。通常のセンサーオートと比べ、明るい映像シーンでは約49%(42型)の消費電力削減が行なえるという。


左がセンサーオートe対応のXP08。4割程度消費電力が下がっていることが確認できる

 スピーカーは開口部を広く取っているほか、音響パワー補正技術「CONEQ」を搭載。筐体などに起因する音響的なズレを低減し、理想的な周波数特性に補正しながら、音のトランジェントを改善。広がり感があり定位のよい明瞭な音声を再現する。HDMI接続した再生機からの入力信号と、テレビ放送の音量差を検出し、自動補正する機能も備えている。

 


■ 録画機能も強化。スマートフォン連携を訴求

P50-XP08の側面

 前モデルWooo XP07シリーズからの特徴である録画機能も強化。地上デジタルチューナを3系統、BS/110度CSデジタルチューナを各2系統搭載し、2番組の同時録画と2番組録画中の地デジ裏番組視聴に対応する。

 HDD容量は500GB。「XCode HD」によるHDトランスコード技術も搭載し、2番組同時に最高8倍の長時間録画が可能となっている。録画モードは、TS(ストリーム記録)のほか、HD 画質が、TSE(2倍/MPEG-2)/TSX4(4倍/AVC)/TSX8(8倍/AVC)の3モード。SD解像度のMPEG-2がXP/SP/LPとAVC記録のTSX24モード。iVDRスロット「iVポケット」も備えており、iVDR-Sへの録画やダビングにも対応する。また、コンポジットビデオ入力からの外部映像入力の録画も可能となっている。

 電子番組表(EPG)は、リモコンの録画ボタンを押すだけで録画開始する「一発録画予約」に対応。録画した番組は赤丸表示でわかりやすく表示する。番組ジャンル別(映画、スポーツ、ドラマ、アニメ、音楽)の色分けを採用。かんたん検索/キーワード自動録画機能も搭載している。

 おすすめ機能も搭載し、録画履歴からユーザーの好みの番組を類推して、表示する「Woooおすすめ番組」や、Gガイドによる「注目番組表」、「キーワード自動録画」などの機能も搭載する。録画番組を自動的に整理する「ワケ録」機能も搭載し、番組名やジャンル別、自動録画した番組をフォルダ分類して表示。録画番組に自動的にチャプタを設定し、頭出しなどができる「いいとこジャンプ」にも対応する。

Wooo Remote Lite for iPad

 新シリーズの特徴がスマートフォン/タブレット連携。8月下旬の提供を予定している「Wooo Remote Lite for iPhone/iPad」により、iPhoneやiPod touch、iPadからの操作に対応。iPhone/iPod touchでは、チャンネルや番組リストの表示/選択などが行なえるほか、[HDMI4]などの入力端子を直接選択するボタンなど、通常のリモコンにはない操作性を実現している。

 再生画面では、タイムバーサーチに対応し、番組の任意のポイントからの頭出し再生が可能。無線LAN経由での操作のため、離れた場所やテレビにタブレットなどを向けずに操作できる。

 さらに、2011年内にはiPad上だけで番組表の表示/検索や録画予約も実現する「Wooo Remote for iPad」も提供予定。無料版の全ての機能のほか、番組表関連機能を搭載し、有料でApp Storeで販売する。価格は未定。


Wooo Remote Lite for iPadの画面をテレビにHDMI出力。入力端子を選択して、切り替えることも可能 有料版の「Wooo Remote for iPad」では番組表からの録画予約に対応
リモコン

 DLNA/DTCP-IPサーバー/クライアント機能も搭載し、DLNA経由での録画番組再生でも、30秒スキップや10秒バックなどのトリックプレイが可能となっている。

 Wooo専用のポータルサイト「Wooonet」を搭載。アクトビラ ビデオ・フルやテレビ版Yahoo! Japanの動画チャンネル、TSUTAYA TV、T'sTV、ニコンのmy PictureTown on TVに対応する。T's TVでは、スマートフォンアプリ「T'sTV Remote」による操作が可能。

 HDMI入力は全モデルで4系統搭載し、ARCにも対応。D4入力やS2入力なども備えている。SDカードスロットを装備し、AVCHD動画や写真を再生できるほか、写真をHDD内に取り込むこともできる。


【プラズマ】

型番 P50-GP08 P46-GP08 P42-GP08
サイズ 50型 46型 42型
解像度 1,920×1,080ドット
コントラスト 500万:1
チューナー 地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×2
HDD 500GB
DeepColor
AVネットワーク ○(DLNAクライアント・サーバー対応)
スピーカー
出力
10W×2ch
入力端子 HDMI×4、D4×1、S2×1、コンポジット×3、アナログ音声×3
出力端子 光デジタル×1、ヘッドフォン出力×1
消費電力
(待機時)
427W
(0.1W)
391W
(0.1W)
356W
(0.1W)
年間消費電力量 203kWh/年 180kWh/年 164kWh/年
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)
123.3×34.7×84.2cm 115.3×34.7×79.7cm 104.4×34.7×71.4cm
重量
(スタンド含む)
33.8kg 30.9kg 27.5kg

【液晶】

型番 L42-XP08 L37-XP08 L32-XP08
サイズ 42型 37型 32型
解像度 1,920×1,080ドット 1,366×768ドット
パネル IPSパネル(LEDバックライト)
輝度 450cd/m2 500cd/m2
チューナ 地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×2
HDD 500GB
DeepColor -
AVネットワーク ○(DLNAクライアント・サーバー対応)
出力 10W×2ch
入力端子 HDMI×4、D4×1、S2×1、コンポジット×3、アナログ音声×3
出力端子 光デジタル×1、ヘッドフォン出力×1
消費電力
(待機時)
146W
(0.1W)
131W
(0.1W)
79W
(0.1W)
年間消費電力量 101kWh/年 92kWh/年 64kWh/年
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)
101×28.4×68.8cm 89.9×28.4×62.5cm 77.8×24.2×55.5cm
重量
(スタンド含む)
17.2kg 14.5kg 12.3kg

(2011年 8月 11日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]