◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

「ゲド戦記」が11月にBD化。7,140円

−絵コンテや公開記念特番などの特典収録


ゲド戦記
(C)2006 二馬力・GNDHDDT

 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、スタジオジブリのアニメ「ゲド戦記」を11月16日にBlu-ray化する。価格は7,140円。同日には「ハウルの動く城」もBD化予定で、別記事で紹介している。


タイトル 本編仕様 音声 品番 価格
ゲド戦記 片面2層
本編115分
16:9
MPEG-4 AVC
日本語字幕
英語字幕
フランス語字幕
ほか
(1)日本語
 (リニアPCM 2.0ch)
(2)日本語
 (DTS-HD MasterAudio 6.1ch)
(3トラック以降)
 英語、フランス語、イタリア語、
 韓国語、広東語、 北京語、
 ドイツ語、スペイン語
VWBS-1289 7,140円

 「ゲド戦記」には、絵コンテをPinP(子画面表示)で収録し、本編映像と比較再生が可能。ほかにも、アフレコ台本、予告編集、ゲド戦記音図鑑Vol.1「『テルーの唄』はこうして生まれた。」(約30分)、ゲド戦記音図鑑Vol.2「『映画音楽』はこうして生まれた。」(約60分)、公開記念特番「岡田准一『ゲド戦記』との出会い」(約44分)などを収録予定。




■あらすじ

 アーシュラ・K.ル=グウィンのファンタジー小説が原作。宮崎駿氏の息子である宮崎吾朗氏が監督した事でも話題となった。

 西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界に現れた。そして、それと呼応するかのように、各地で作物が枯れ、家畜が倒れていく。世界の均衡が崩れつつあった。

 災いの源を探るゲドは、旅の途中、国を捨てた王子アレンに出会う。心に闇を持つ少年は、得体の知れない“影”に追われていた。

 二人は、都城ホート・タウンにたどり着く。そこでは、人身売買が行なわれ、麻薬が蔓延し、売っている物はまがい物ばかり。人々はせわしなく動き回っているが、みな目的を失っているように見えた。その目に映っているものは、夢か、死か、どこか別の世界だった。

 街をさまようアレンは、謎の少女テルーを人狩りの手から救い出すが、彼女は少年を拒絶する。そしてゲドはとうとう、クモという魔法使いが生死両界の扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出した。


(2011年 8月 15日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]