◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

東芝、デジタル出力専用のBlu-ray Discプレーヤー

−アナログ出力省略。3D/実売23,000円の「T200」など


 東芝は、「レグザブルーレイ」シリーズのBlu-ray Discプレーヤー2機種を12月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はBlu-ray 3D対応の「DBP-T200」が23,000円前後、Blu-ray 3D非対応の「DBP-S100」が18,000円前後。

DBP-T200 DBP-S100

 BD/DVDビデオやAVCREC/AVCHDディスクなどを再生可能なプレーヤー。USBメモリ内の音楽/静止画再生も行なえる。両機種の違いは、「DBP-T200」のみBlu-ray 3D再生に対応する点。BDの1080/24pダイレクト出力や、Deep Color、x.v.Colorに対応。BD-LIVEやBONUSVIEWにも対応する。

 再生対応ディスクは、BD/DVDビデオ、BD-R/RE、BD-R/RE DL、DVD-R/RW、DVD-R DL、音楽CD、CD-R/RW。CD-R/RWやUSBメモリ内のJPEG/MP3再生も行なえる。

 出力端子はHDMIと同軸デジタル音声が各1系統で、アナログ出力は搭載しない。HDMI CECのレグザリンクに対応する。EthernetとUSBも各1系統備える。消費電力と外形寸法も両機種共通で、360×213×38.5mm(幅×奥行き×高さ)。消費電力は15W(待機時0.5W)。重量はT200が2.1kg、S100が1.53kg。リモコンが付属する。

DBP-T200の背面 DBP-S100の背面 リモコンは共通


(2011年 12月 6日)

[ AV Watch編集部 中林暁]