◇ 最新ニュース ◇

2014年11月21日

2014年11月20日

2014年11月19日

【Watch記事検索】

東芝、4K/裸眼3D液晶TV「REGZA 55X3」を12月10日発売


55X3

 東芝は、55型/3,840×2,160ドットの4K/2Kパネルを採用し、HD解像度の裸眼3D視聴にも対応した液晶テレビ「REGZA 55X3」の発売日を12月10日に決定した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は90万円前後。10月の製品発表時には12月中旬発売としていた。

 当初未定としていた消費電力なども確定。消費電力は410W(待機時0.12W)で、年間消費電力量は385kWh/年。重量は30kg。

 フルHDの4倍の画素数となる829万画素の55型「4倍画素QFHDパネル」を採用。直下型のLEDバックライトを採用し、エリア制御により高コントラスト化を図っている。エリア分割数は240。

 2D映像を4K表示できる点が特徴で、映像処理エンジンとして「レグザエンジンCEVO」を2基搭載した「レグザエンジン CEVO Duo」を搭載。REGZAと同様の各種高画質処理により、4Kの入力信号表示するほか、フルHD映像の高画質4Kアップコンバート処理も組み込んでいる。

 2D表示だけでなく、裸眼3D「グラスレス3D」も実現し、リモコンの[3D]ボタンを押すだけで、2D/3D切り替えが可能。3D表示時の解像度は1,280×720ドット。パネル上に特殊な細かなレンズを装備した「レンチキュラーシート」を被せたインテグラルイメージング方式を採用している。

 地上デジタルチューナを3系統、BS/110度CSデジタルチューナを2系統装備し、別売USB HDDへの録画にも対応。また、DRモードのほか、MPEG-4 AVC/H.264の長時間録画モードも備えている。



(2011年 12月 7日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]