◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、スタイリッシュな密閉ヘッドフォン2機種

−反転機構搭載の「ZX650」と約7千円の「ZX600」


上位モデル「MDR-ZX650」

 ソニーは、スタイリッシュ&ファッショナブルなデザインを取り入れた密閉型ヘッドフォン2モデルを4月21日に発売する。価格は、上位モデル「MDR-ZX650」が9,975円、「MDR-ZX600」が7,455円。

 カラーバリエーションは、「MDR-ZX650」がブルー(L)とレッド(R)。「MDR-ZX600」がブラック(B)、ブルー(L)、レッド(R)。


「MDR-ZX650」のブルーモデル 「MDR-ZX600」のブルーモデル
「MDR-ZX650」レッドモデル。ハウジングの折りたたみ、反転が可能 下位モデル「MDR-ZX600」のレッドモデル

 どちらも新開発の40mm径ユニットを採用。300kJ/m3のネオジウムマグネットも採用。解像度が高く、ワイドレンジでバランスのとれた再生を実現するという。

 どちらのモデルもスイーベル機構を備え、フラットに折りたためるほか、上位モデルの「ZX650」はハウジングの反転機構も搭載している。

 ケーブルはフラットタイプで、本体色に合わせたカラーになっている。長さは1.2mで、上位モデルは片出し、下位モデルは両出し。プラグはステレオミニのL型。

 耐入力は1,000mW。再生周波数帯域はZX650が5Hz〜25kHz、ZX600が6Hz〜25kHz。インピーダンスはどちらも40Ω。ハウジングにはアルミパーツを使っている。重量は、上位モデルが約220g、下位モデルが約170g。

「MDR-ZX650」のイヤーパッド。ユニットカバーも赤いデザイン 「MDR-ZX650」のケーブル。フラットタイプになっている 「MDR-ZX650」のハウジング
「MDR-ZX600」のイヤーパッド。こちらもカラーのユニットカバーになっている 「MDR-ZX600」のハウジング部分 「MDR-ZX600」にはブルーとブラックも用意している

(2012年 4月 4日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]