◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

シャープ、国内最大80型などAQUOS最上位Gシリーズ

−“畳1畳分”で実売95万円。4Kは「'12年度内」


LC-80GL7

 シャープは、日本の液晶テレビで最大サイズとなる80型などをラインナップした液晶テレビ「AQUOSクアトロンGシリーズ」を6月10日より順次発売する。AQUOSのフラッグシップシリーズとなり、80型の「LC-80L7」や70型「LC-70L7」などの大型機を含む42〜80型までの6モデルを展開。価格はいずれもオープンプライスで、店頭予想価格は16万円〜95万円前後。


型番 サイズ 発売日 店頭予想価格
LC-80GL7 80型 6月20日 95万円前後
LC-70GL7 70型 65万円前後
LC-60G7 60型 6月10日 35万円前後
LC-52G7 52型 28万円前後
LC-46G7 46型 23万円前後
LC-40G7 40型 16万円前後
6モデルをラインナップ LC-70GL7 LC-60G7
LC-52G7 LC-46G7 LC-40G7

■ “一畳分”の大画面表示。デュアルコアの新エンジンも

LC-80GL7

 LC-80GL7は日本最大となる80型の液晶テレビで、表示エリアは「畳約1畳分」。おすすめの視聴距離は約3mで、臨場感あるスポーツや映画体験が楽しめるとする。

 いずれも4原色のクアトロンパネル/UV2A技術と、新開発の829万サブピクセル駆動システムを採用。映像シーンごとにサブピクセルを最適駆動させて、輪郭などのディテールを鮮やかに再現できるという。パネル解像度は1,920×1,080ドットのフルHDで、バックライトはLED。80/70型は直下型LED、52/46/40型はエッジ型LEDを採用する。テレビコントラストは700万:1、視野角は上下/左右176度。

 3D表示にも対応し、別売のメガネ「AN-3DG20-B」を追加することで、Blu-ray 3Dなどを楽しめる。


クアトロンパネルを採用 色ディテールなどを改善
高画質マスターエンジン プロの概要

 映像エンジンもデュアルコア化した新開発の「高画質マスターエンジン プロ」を搭載。映像のフレームごとの輝度や周波数を解析し、コントラストやノイズ低減などの高画質化処理を従来機比で約2倍に高速化した。また、映像表示の低遅延化も実現し、ゲームモードでも低遅延化が図られた。LSIの供給元メーカーも変更された。

 8倍速相当の動画性能を実現する「240フレッドスピード」を搭載。液晶パネル駆動とLEDバックライト点滅を高速制御させることで、残像感を低減する。

 3×15cmのスピーカーを2基搭載し、最大出力は10W×2ch。オーディオLSI「新・AudioEngine」によりAQOUSのスピーカーシステムに最適化。「Helios(ヘリオス)」技術により、周波数特性と位相の乱れをトータルに補正することで、クリアな音質と自然な音像定位を実現。同時に反響する仮想音を組み合わせる「HeX(エイチエックス)」で、低音感を拡張して高音質化する。


■ 地デジ3チューナでW録+裏番組視聴。UIも一新

ビジュアルモーションガイド。おすすめ録画番組やおすすめVODを表示

 地上デジタルチューナを3系統、BS/110度CSデジタルチューナを2系統搭載し、地デジ2番組録画中でも裏番組の視聴が可能。また、別売のUSB HDDを接続しての約8倍の長時間録画や、AQUOSブルーレイへのネットワークダビングに対応する。USB HDDは同時に4台接続可能で、最大16台登録できる。HDMIは4系統装備する。

 操作メニューも一新し、番組情報とネット情報を同画面上に表示する「ビジュアルモーションガイド」を採用。リモコンの「HOME」ボタンを押すことで、テレビ番組やインターネットの情報、AQUOS Cityなどの情報を一覧で確認でき、録画番組やおすすめ視聴番組、ネット動画、生活情報などにアクセスできる。

 おすすめ選局ナビは、視聴中番組や視聴履歴から番組をおすすめするほか、登録キーワードに関連する番組やネットの関連情報を表示。また、裏番組表示にも対応する。


ビジュアルモーションガイドの解説
番組表。左脇に予約リストを表示できる リモコン
おしえてリモコン

 DTCP-IP/DLNAプレーヤー機能に対応し、「スマートファミリンク」によりAQUOS PHONEで撮影した動画や写真をフリック操作でテレビ画面に表示できるほか、AQUOSブルーレイの録画番組をAQUOS PHONEで操作し、AQUOSに出力できる。

 また、Androidスマートフォン用のアプリ「おしえてリモコン」も開発。各チャンネル毎のツィート数を比較して、Twitterで人気の番組が確認できるほか、視聴中の番組に関するツイートも可能。また、TV番組に関連する商品などの情報提供なども行なう。サービスは6月に開始予定で、詳細や対応OSなどはその際に案内する予定。

型番 LC-80GL7 LC-70GL7 LC-60G7 LC-52G6 LC-46G7 LC-40G7
サイズ 80型 70型 60型 52型 46型 40型
画素数 1,920×1,080ドット
テレビ
コントラスト
700万:1
視野角 上下/左右176度
バックライト LED(直下型) LED(エッジ型)
スピーカー
出力
10W×2ch
入力端子 HDMI入力×4、D5入力×1、コンポジット入力×1、
アナログRGB入力(D-Sub15ピン)×1、アナログ音声出力×1、
ヘッドフォン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB×3、Ethernet
消費電力 未定 未定 約171W 約161W 約138W 約128W
年間消費
電力量
未定
(見込み
198kWh/年)
未定
(見込み
174kWh/年)
140kWh/年 122kWh/年 105kWh/年 95kWh/年
外形寸法 186.2×44.5
×114.5mm
161.3×34.4
×100.8mm
138.3×37.6
×88.8mm
120.6×29.9
×78.7mm
107.2×29.9
×71.1mm
93.8×27.4
×63.6mm
重量 未定 未定 35kg 26.5kg 22.5kg 16.5kg

■ 60型以上の成長市場を狙う。4Kテレビは「年度内」

AVシステム事業本部 液晶デジタルシステム第1事業部 山本 副事業部長

 シャープ AVシステム事業本部 液晶デジタルシステム第1事業部の山本信介 副事業部長は、今期のAQUOSが提案するテレビライフの姿を「BIG&Smart」と表現。臨場感を生む大画面(BIG)と、放送やネットコンテンツをより身近にする(Smart)ことを訴求していく。

 国内市場でも50型以上の大画面テレビが増えており、2011年6月には約0.8%であった60型以上の金額構成比が、2011年12月には6.1%と約8倍に拡大している。また、同社のテレビの視聴距離調査では平均サイズ32型、視聴距離2.4mとの結果がでているが、臨場感を得られる最適なサイズは60型で2.2m超のため、「平均的な視聴位置から選べば60型が臨場感サイズ」という。液晶テレビの買い替え需要でもさらなる大型化への声は大きく、大画面を軸に、新AQUOS Gシリーズを訴求。「映画館の臨場感、デジカメ写真の実体感、家庭用ゲームの一体感。かつて無い映像体験を生み出す」とした。

60型以上の構成比が急伸 2.4mの距離で臨場感を得るなら60型 BIG&Smartを訴求
Gシリーズの概要

 Smartについては、「ネットや放送だけでなく、情報の気づきを生み出す提案をしていく」とし、VODの映像配信だけでなく、ショッピングやネットサービスとの連携を強化。新しいUI(ビジュアルモーションガイド)の導入も、各コンテンツを並列に確認しながら、“おすすめ”の番組やコンテンツが表示されるよう工夫。視聴履歴や人気、録画実績などからの番組おすすめも強化し、「出会いを生むレコメンドシステムを目指す」とした。

 「2012年度は60型がメインターゲット。価格下落についても対応していくが、堺の第10世代工場を生かしていきたい」と説明。また、80型になると「エレベーターに乗らない」など搬入時の障害なども予想されるが「例えば引越し業者など、いろいろな関係者と確認しながら進めたい」と語った。

 4Kテレビについては、「2012年度内の発売を予定している。(CEATEC、CESなどの)展示会には出展しているが、技術的にはそれらをベースに商品化に向けて取り組む」としており、ICC技術を使ったLSI開発なども進めているという。サイズや価格は未定。


(2012年 4月 18日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]