◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ナナオ、暗部視認性を向上した「最速IPS」23型液晶

−Smart InsightでFPS最適化。直販39,800円


EIZO FORIS FS2333

 ナナオは、暗部視認性向上技術「Smart Insignt」を搭載した23型液晶ディスプレイ「EIZO FORIS FS2333」を7月13日より発売する。価格はオープンプライスで、EIZOダイレクト価格は39,800円。

 23型/1,920×1,080ドットのIPS(ノングレア)パネルを採用した液晶ディスプレイ。コントラストは1,000:1(コントラスト拡張有効時5,000:1)、輝度は250cd/m2、視野角は上下/左右178度。応答速度は3.4ms(中間階調域)。バックライトはLED。



■ 暗部視認性向上技術「Smart Insight」を新搭載

Smart Insightの概要

 マルチメディアモニター「FORISブランド」の新モデルで、超解像技術や低遅延などの特徴を生かしながら、新たに暗部視認性向上技術「Smart Insight」を搭載し、見づらい部分に隠れた詳細なデータを見やすく表示する。

 原画像をシーンに応じて解析し、人が見づらいエリアを自動で判断。ピクセル単位で個別の明暗調整を行なうことで、ディスプレイ上における暗部の視認性を向上する。これにより、FPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲームの暗いシーンや、逆光の写真などに効果を発揮するという。

 Smart Insightの効果は5段階で調整可能で、付属リモコンにはSmart Insightの専用ボタンも装備。また、GAMEモード利用時のみに、Smart Insightの効果をRTS(Real Time Strategy)Low/Medium/High、FPS Low/Medium/Highから選択可能で一層明るい設定にできるという。また、このゲーム時のSmart InsightはプロeSportsチーム「Fnatic」と協力して開発している。特にゲームプレイ時に「暗闇に潜む敵」などを見つけやすくなることから、FPS/RTSゲーマーに強く訴求していく。

Smart Insightを適用した「FORIS FS2333」(右)。従来モデルのFS2332(左)よりも暗部の視認性が向上しているため、ゲームプレイ時に敵を見つけやすくなる ピクセルごとに明暗調整を行なうことで暗部の視認性を向上 プロeSportsチームの「Fnatic」と協力し、ゲームモードのSmart Insightを開発
Smart Insight適用前後を比較できるデモモードも搭載している
Smart InsightのFPSモード

 さらに、超解像技術「Smart Resolution」を搭載。画像のノイズ成分とぼやけ量を推測し、ノイズが強調されないよう配慮しながら、ぼやけ成分のみを先鋭化することで画質を向上する。Smart InsightやSmart Resolutionの補正範囲は、全画面に適用するだけでなく、PCのYouTube動画領域のみだけとするなど、映像に応じて適用するSmart Detectionも搭載している。


従来モデル「FS2332」(左)と「FS2333」(右) 背面にハンドルを装備するなど、デザインも変更されている FS2333進化のポイント

■ 遅延は0.05フレーム未満。応答速度3.5msの「最速IPS」

最速IPSをアピール

 新開発の映像プロセッサを採用し、ゲーム操作を画面に表示するまでの遅延時間は0.05フレーム未満という。Smart機能をフルに活用した場合でも遅延時間は発生せず、オーバードライブ回路を搭載することで残像感を大幅に低減。応答速度3.5msの「最速IPS」をアピールしている。

 ボディは従来モデルのデザインイメージを踏襲しながら、60mmの昇降や左右各172度のスイーベル、25度のチルトに対応。また持ち運び用のハンドルやケーブルホルダーなども装備した。

 500mW×2chのステレオスピーカーを搭載。入力端子はHDMI×2、DVI-D×1、アナログRGB(D-Sub15ピン)×1、アナログ音声×1。アナログ音声出力(ミニジャック)とヘッドフォン出力も装備する。

 消費電力は42W(最大)/22W(標準)、外形寸法は545×200×390〜450mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.4kg。カード式のリモコンが付属する。


60mmの昇降に対応 背面にハンドルを装備 背面端子
本体操作ボタン 新デザインのリモコン 従来モデルのリモコン(左)と比較

(2012年 6月 14日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]