ニュース

スカイツリー受信テスト、5月24日以降は最長10時間に

14日以降に3〜10時間の「長時間リハーサル」

受信確認テストの画面例

 日本放送協会(NHK)と、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの在京テレビ6社は、東京スカイツリーへの地上デジタルテレビ放送送信所移転に向けて実施している受信確認テストの5月4日以降の実施スケジュールを決定した。これまで同様の5分や1時間のテストだけでなく、5月14日以降は、新たに3時間〜10時間の長時間のリハーサル(移転テスト)を実施する。

 従来も、受信障害の申告をした家庭などと日程調整のうえで必要な対策工事を進めてきたが、新たに設定する長時間のリハーサルに際し、長時間にわたりテレビを見られない人が極力でないよう、「受信障害の連絡からすぐに工事対策クルーを派遣するような体制を整える」としている。

 長時間リハーサルは、5月14日(火)が午前9時から午後0時までの3時間、5月18日(土)、5月21日(火)が午前9時から午後3時までの6時間、5月24日(金)、5月26日(日)は午前9時から午後7時までの10時間を予定している。なお、「移転リハーサル」については段階的に実施時間を延長していく予定だが、実施状況により、その後の予定を変更する可能性があるとしている。これまで同様の5分や1時間のテストは5月4日以降も連日行なう。

 受信障害が確認された世帯に対しては、専門のコールセンター(Tel.0570-01-5150)で受信相談を行なう。

 テストの内容は、通常の番組を放送している途中に、7波の放送を東京タワーの送信から、東京スカイツリーの送信へ切り替えるというもの。切り替え前に、画面にL字型に表示スペースを表示。そのスペースで受信確認テストの説明を行ない、送信をスカイツリーへ切り替える。その後、東京タワーからの送信に戻し、スカイツリー送信中に画面が乱れたり、映らなくなった場合の問い合わせ先を案内する。予約録画でも受信を確認できる。実施スケジュールの詳細は下表の通り。

受信テスト実施日 放送時間
5月4日(土) 午前9:00〜午前10:00
午後5:00〜午後6:00
5月5日(日) 午前8:00〜午前9:00
午後1:00〜午後2:00
5月7日(火) 午前8:35〜午前8:40
午後0:35〜午後0:40
5月8日(水)
5月9日(木)
5月10日(金)
5月11日(土) 午前9:00〜午前10:00
午後5:00〜午後6:00
5月12日(日) 午前8:00〜午前9:00
午後1:00〜午後2:00
5月13日(月) 午前8:35〜午前8:40
午後0:35〜午後0:40
5月14日(火) 午前9:00〜午後0:00
5月15日(水) 午前8:35〜午前8:40
午後6:36〜午後6:39
5月16日(木) 午前8:35〜午前8:40
午後0:36〜午後0:39
5月17日(金) 午前8:35〜午前8:40
午後0:35〜午後0:40
5月18日(土) 午前9:00〜午後3:00
5月19日(日) 午後1:00〜午後2:00
5月20日(月) 午前8:35〜午前8:40
午後0:35〜午後0:40
5月21日(火) 午前9:00〜午後3:00
5月22日(水) 午前8:35〜午前8:40
午後0:35〜午後0:40
5月23日(木) 午前8:35〜午前8:40
午後0:35〜午後0:40
5月24日(金) 午前9:00〜午後7:00
5月25日(土) 午前9:00〜午前10:00
5月26日(日) 午前9:00〜午後7:00

*太字は長時間リハーサル

(臼田勤哉)