ニュース

ソニー、大幅小型化/ズーム強化の録画対応双眼鏡

有機ELファインダー&強力手ぶれ補正。3D撮影も

DEV-50V

 ソニーは、フルHD動画も録画できるデジタル双眼鏡の新機種として、「DEV-50V」と「DEV-30」の2機種を6月21日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「DEV-50V」が17万円前後、「DEV-30」が13万円前後。

 2機種に共通する特長として、2011年11月に発売された「DEV-3」と比べ、体積を34%、重量を33%削減。サイズは157.5×148.5×72.5mm(縦×横×厚さ)、重量は765g(DEV-3は1,130g)になっている。なお、サイズと重量は「DEV-50V」と「DEV-30」で共通。脇を開いて構える「双眼鏡」スタイル、脇をしめる「ハンディカム」スタイルの、2種類のホールドでも操作がしやすいという。

DEV-50V
DEV-30
右が従来モデルの「DEV-3」。大幅な小型化を実現した
DEV-50Vをホールドしたところ
レンズのズーム倍率がアップしている

 また、IP5X相当の防塵、IPX4相当の防滴仕様となり、使用シーンが拡大。電気部分に水が侵入しないようにカプセル構造で保護しており、外装キャビネットと内部のカプセルを2層設計にして水やホコリの侵入を防いでいる。

 従来は液晶のビューファインダーを備えていたが、「DEV-50V」と「DEV-30」では有機ELファインダーを搭載。0.5型、235.9万画素。暗い場所でも見やすくする、ハイパーゲイン機能も備えている。

有機ELファインダーを搭載
上から見たところ
正面

 ズーム倍率も強化。従来は10倍だったが、「50V」では12倍、「30」では10倍になった。デジタルズームを利用すると、50Vで25倍、30で15倍のズームが可能。35mm換算の焦点距離は、動画撮影時で49.8〜791.2mm(2D:デジタルズームOFF)、49.8〜1,645.7mm(2D:デジタルズームON)、33.4〜402.0mm(3Dモード時)。光学式のアクティブ手ブレ補正機能も搭載。

 双眼鏡倍率以外の50V/30の違いはGPSの有無で、50VにはGPSを搭載。撮影場所の情報を残せる。ただし、同社のビデオカメラのように地図データは収録していない。

 2機種とも、撮像素子は1/3.91型、543万画素の裏面照射型「Exmor R」CMOSセンサーを左右に各1基搭載。画像処理のBIONZも2基搭載している。AF機能はコントラストAF。

 動画記録は1,920×1,080ドットのAVCHD Ver.2.0に対応し、3D(60i)または2D(60p/60i)で記録可能。2D記録時は1,440×1,080ドット/60iにも対応する。ビットレートは最高画質の「PS」が約28Mbps、「FX」が約24Mbps、「FH」が約17Mbps、「HQ」が約9Mbps。長時間記録の「LP」で約5Mbps。3D撮影時は約28Mbps。

 マイクとスピーカーを内蔵。風音低減機能も備えている。記録メディアはSDカード/メモリースティックデュオ。HDMI出力も装備する。

 付属バッテリ「NP-FV70」を使った場合の、連続撮影時間(実撮影時間)は、2Dモードで約3時間5分(約1時間35分)、3Dモードで約2時間30分(約1時間20分)。

(山崎健太郎)