ニュース

オーテク、24bit/192kHz対応のUSBヘッドフォンアンプ

真空管+半導体ハイブリッドヘッドフォンアンプも

USB DAC内蔵ヘッドフォンアンプ「AT-HA90USB」

 オーディオテクニカは、24bit/192kHz対応のUSB DAC内蔵ヘッドフォンアンプ「AT-HA90USB」を11月15日に発売する。価格は47,250円。

 さらに、プリアンプ部に真空管を使ったヘッドフォンアンプ「AT-HA22TUBE」を11月15日に発売。価格は50,400円。

USBヘッドフォンアンプ「AT-HA90USB」

背面

 DACに旭化成の「AK4396」を採用したUSBヘッドフォンアンプ。PCとUSB接続し、24bit/192kHzまでのデータを再生可能。対応OSはWindows XP/7/8、Mac OS X 10.8.3以降。アシンクロナス(非同期)伝送にも対応する(Windows 7/8ではASIO/WASAPIが利用可能)。

 ステレオミニのヘッドフォン出力を装備。対応ヘッドフォンインピーダンスは16〜300Ω。最大出力レベルは50mW×2ch(16〜64Ω)、30mW×2ch(150Ω)、20mW×2ch(300Ω)。新日本無線のオペアンプ「MUSES」も採用している。

かなり小さい

 ステレオミニのライン出力を1系統装備するほか、光デジタル出力も1系統用意。DDCとして使う事もできる。さらに、マイクも前面に搭載。PC用マイクとして利用でき、ALC回路(自動レベルコントロール)も搭載する。

 筐体には剛性の高い亜鉛ダイキャストを採用し、不要振動を抑制。外形寸法は80×95×24mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約180g。1mのUSBケーブルを同梱する。

真空管ヘッドフォンアンプ「AT-HA22TUBE」

 プリアンプ部に真空管を使っているのが特徴で、「余韻豊かな厚みのあるサウンド」が得られるという。半導体とのハイブリッドとなっており、ハイレゾ音源も忠実に再生できるとする。なお、USB DACなどは搭載しておらず、入力はアナログRCA×1系統となる。RCAのスルー出力も1系統備えている。

真空管ヘッドフォンアンプ「AT-HA22TUBE」

 ヘッドフォン出力はステレオミニと標準端子の2系統で、同時に出力可能。最大出力は500mW×2ch(16Ω)、300mW×2ch(32Ω)、150mW×2ch(64Ω)、60mW×2ch(150Ω)、30mW×2ch(300Ω)。

背面

 筐体は高剛性アルミ合金、フロントパネルはダイキャストで、不要振動を抑制。電源は大容量ACアダプタで、高出力ヘッドフォンを接続し、豊かな低域再生ができるとする。外形寸法は105×142×79mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約615g。

(山崎健太郎)