ニュース

ユニデン、'06年発売のテレビ2機種に異音と異臭の恐れ

「TL37WRJ-B-FDT」と「TL37WRJ-W-FDT」。電源回路部に問題

「TL37WRJ-B-FDT」(ブラック)

 ユニデンは、'06年に発売した37型液晶テレビの「TL37WRJ-B-FDT」(ブラック)と「TL37WRJ-W-FDT」(ホワイト)において、使用中に異音や異臭が発生する恐れがあると発表した。同社は対象製品の無償点検/修理を行なう。

 TL37WRJ-B/W-FDT(いずれも生産終了)は、37型のフルHDパネルと地上/BS/110度CSデジタルチューナを搭載した液晶テレビ。両製品において、使用中に電源回路が故障し、同時に異音と異臭がする場合があることが判明したという。

 異音と異臭が発生するのは、電源回路のセラミックコンデンサの自己発熱量が増加し、クラックが入ることによるもの。この場合、テレビは電源がすぐ切れるなど正常に動作しなくなるが、「発火や延焼等の心配は無い」としている。また、異臭についても「直接大量に吸い込むことが無ければ人体、健康への心配は無い」としている。該当機種でも、既に同社へ預けて点検/修理された製品は問題無いという。

 同社は、対象となる製品を無償で点検/修理すると案内。ユーザーから連絡を受け次第、無償点検と修理を実施する。

【連絡先】
ユニデン株式会社 アフターサービスダイヤル
Tel.03-5543-2232
(土日祝日を除く 9時30分〜17時30分)

(中林暁)