ニュース

テレ東、スマホでインベーダーと戦う民放初のHybridcast連動番組を1月3日放送

12月に発表された「MISSION 001」の内容
(C)TAITO CORPORATION 1978 ALL RIGHTS RESERVED.

 テレビ東京は、2014年1月3日23時30分から生放送する「MISSION 001〜みんなでスペースインベーダー」において、民放で初となるHybridcast(ハイブリッドキャスト)連動サービスを実施する。

 Hybridcast対応テレビとスマートフォン/タブレットを使って、視聴者が番組内のゲームに参加することが可能。現時点における対応テレビは、東芝のREGZA ZX8/Z8/Z7/J8/Z7シリーズや、シャープのAQUOS XL10シリーズ、パナソニックのVIERA TH-L65WT600やVT60/FT60シリーズなど。なお、Hybridcast対応テレビを持っていなくても、スマホ/タブレット/PCを使って参加できる。

 放送と通信を連携させたHybridcastは、NHKが9月からサービスを開始。民放も'14年1月より順次開始予定で、各社の放送予定番組などについては、12月11日に発表している。テレビ東京が3日の23時30分から生放送する「MISSION 001〜みんなでスペースインベーダー」は、民放初のHybridcast連動放送となる。

 この番組は、“テレビを使ってみんなで一緒にゲームをする”というコンセプトのもと、世界的にブームとなった'78年のゲーム「スペースインベーダー」(タイトー)をモチーフに、幅広い視聴者が参加できる双方向番組を目指して企画。宇宙から戦争を挑んでくる地球外生命体に対し、秘密裡に用意されていたという宇宙船を、視聴者がスマホで操作。敵と同じ色のボタンをスマホで押すと敵を倒すことができ、視聴者が連打で協力して地球を救うという内容。出演者は、片岡愛之助、真野恵里菜ほか。トータルスコア上位1,000名には、賞品としてポイントサービス「Ponta」の計100万ポイントをプレゼント。また、バッジを集めることでPontaポイントがたまる無料アプリ「Pontaタイム(ポンタイム)」とも連動。参加者全員がアプリ上で「クーポン付き参加賞バッジ」を獲得できる。

 オンエアに先立ち、12月25日よりテレビリモコンのdボタンを押して「MISSION 001」に参加する準備が可能。使っているテレビがHybridcast対応かどうかも確認できる。「バナナを全て曲げろ」というミッションをクリアするなど、案内に沿って設定が終わるとHybridcastコンテンツ「バナナビ」の登録が完了する。「MISSION 001」放送時に、テレビ東京系列を選局し、指定のアプリを起動しておくと、テレビ東京の新・局キャラクター「ナナナ」がテレビ画面に登場。ゲームの参加方法やヒント、自分のゲームスコアや順位などを、番組の進行に沿って案内する。

 今回のHybridcastコンテンツには、テレビ東京と、テレビ東京コミュニケーションズ、トマデジが共同開発したHybridcastセカンドスクリーン連携視聴者誘導フレームワーク「ハイブリッド アプリード」(Hybrid app-lead)を採用。視聴者の環境に合った対応アプリのスムーズなインストール、起動を実現したという。

(中林暁)