ニュース

エプソン、眼鏡型HMD「MOVERIO」でオペラの字幕をシースルー表示する実証実験

MOVERIO BT-200

 エプソンは、新国立劇場のオペラ公演内で、モバイルビューワー「MOVERIO BT-200」を用いたシースルー字幕表示の実証実験を行なう。対象公演は、2月28日〜3月2日に上演される新国立劇場オペラ研修所公演「ナクソス島のアリアドネ」(ドイツ語上演/字幕付き)。実験には劇場関係者や友の会会員など15人が参加し、一般からは参加できない。

 オペラはイタリア語やドイツ語などで歌われることが多く、舞台脇などに設置された日本語訳の字幕表示機で字幕を見る場合、その都度視線が舞台から外れるため、オペラへの没入感が損なわれるという課題があった。これを解決するため、シースルーで舞台上の好きなところを見ながら、同時に字幕も見ることできるBT-200の特徴を活かした字幕表示の実証実験を実施する。

 実験には、電通国際情報サービスやZimakuプラスが協力。電通国際情報サービスは、無線LANを利用したエリア限定型の配信プラットフォーム「potaVee」を提供し、舞台進行と連動した字幕情報をリアルタイム配信するほか、ビューワー用アプリケーションの開発も行なう。Zimakuプラスは、字幕の製作や字幕送出サーバーの提供、実証実験の現場運営などを担当する。

 「MOVERIO BT-200」はシースルータイプのメガネ型HMD。目の前の透過ディスプレイ上に映像を表示しながら、背景をそのまま見られることが特徴。4月24日発売予定で、店頭予想価格は7万円前後。

(一條徹)