ニュース

ソニー、IFAでレンズ交換式スマホ連携カメラ「QX1」発表。アクションカムは超小型に

 ソニーは、ドイツ・ベルリンで9月5日〜9月10日(現地時間)に開催される国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2014」の開幕前プレスカンファレンスを開催。スマートフォンと組み合わせる「レンズスタイルカメラ」のレンズ交換式モデルや、アクションカムの小型モデルなどを発表した。

左からEマウントレンズ、レンズ交換式のレンズスタイルカメラ「ILCE-QX1」、取り付けホルダ、スマートフォン

レンズスタイルカメラにレンズ交換式

 スマートフォンとWi-Fiで接続し、スマートフォンのディスプレイをデジタルカメラのモニタのように活用する「レンズスタイルカメラ」に、2つの新機種が登場する。Eマウントを採用したレンズ交換式の「ILCE-QX1」と、レンズ交換式ではないが光学30倍のGレンズを搭載した「DSC-QX30」。

 「ILCE-QX1」は、Eマウントを採用し、αシリーズ向けのレンズを取り付ける事ができる。撮像素子はAPS-Cサイズで、2,010万画素のExmor CMOS。レンズ交換式ならではの多彩な表現や明るいレンズでのボケ味、低ノイズの夜景撮影などが可能になるという。

 RAW+JPEGでの撮影も可能。動画はMP4で1080/30pの撮影が可能。フラッシュも内蔵している。ISO感度は100-16000までサポート。

スマートフォンにILCE-QX1とEマウントレンズを装着したところ
撮影イメージ
光学30倍の「DSC-QX30」

 「DSC-QX30」は、光学30倍のソニーGレンズを採用。光学式手ブレ補正も搭載し、スマートフォンの内蔵カメラでは捉えきれない遠くの被写体でも、ブレを抑えて撮影できるという。超解像ズーム機能を使うことで、60倍のズームも可能。静止画はJPEGのみ。動画はMP4で、1080/60p/28Mbps、1080/30p/16Mbpsでの撮影が可能。フラッシュは内蔵していない。

 なお、これらのレンズスタイルカメラと連携するスマートフォン側のアプリ「PlayMemories Mobile」もアップデートによりユーザーインターフェイスや機能が向上。カメラに接続するまでの時間が改善されたり、接続後の安定性も向上するとしている。

 また、既発売の「DSC-QX10」に新色のカッパーとピンクを追加する事もアナウンスされている。QX30とQX10の欧州での発売は9月、QX1は10月頃が予定されている。

アクションカムに小型モデル

 アクションカムの新モデル「HDR-AZ1VR」は、「アクションカム ミニ」と名付けられている。カメラと新しいライブビューリモコン「RM-LVR2V」がセットになっており、ライブビューリモコン側にGPS記録機能などを搭載した事で、現行モデルのHDR-AS100Vと比べ、約2/3に小型・軽量化を実現。外形寸法は24.2×74×36mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約63gとなっている。

右が既存のAS100V。大幅に小型化されているのがわかる
使用イメージ
防水ハウジングを使っているところ

 コンパクトさを活かし、身体や自転車のハンドル、ヘルメットなどにより自然に装着でき、スキーや、スノーボード、マウンテンバイク、サーフィンなど、さまざまなスポーツシーンだけでなく、旅行や子どもとの撮影、趣味の撮影時など、より幅広いシーンで活用できるという。リモコンから5台までの制御も可能。Ustreamなどを使ったライブ配信にも対応する。

 レンズはツァイスで、広角約170度(手ぶれ補正OFF時)、約120度(手ぶれ補正ON時)。センサーは1,190万画素の、1/2.3型の裏面照射型Exmor R CMOS。画像処理プロセッサはBIONZ X。MP4で1080/60pまでの撮影ができるほか、XAVC Sで1080/60p/50Mbpsの録画も可能。

 なお、新ライブビューリモコンからカメラ内のファイル再生(映像のみ)、削除が可能になる。また、PC用編集ソフト「Action Cam Movie Creator」を使い、手軽に高度な動画編集ができるという。

(山崎健太郎)