ニュース

パナソニック、次世代BD「ULTRA HD BLU-RAY」見据えた世界初の試作プレーヤーをCESに

 パナソニックは、次世代Blu-ray Disc規格「ULTRA HD BLU-RAY」を見据え、同規格に採用が見込まれる4K映像や、HDR(High Dynamic Range)技術などをサポートした世界初の次世代BDプレーヤーのプロトタイプを、米ラスベガスで1月6日(現地時間)より開幕する展示会「2015 International CES」に出展する。

次世代Blu-ray Disc規格「ULTRA HD BLU-RAY」を見据えた次世代BDプレーヤー

 試作プレーヤーは、4K(3,840×2,160)の60p、10bit映像が再生でき、コーデックはHEVC(H.265)の100Mbpsまでをサポート。階調が10bitになる事で、現在のBDの8bit(256階調)と比べ、1,024階調の階調表現が可能になる。

前面トレーをあけたところ
背面。2系統のHDMIを装備

 HDR技術もサポート。現行BDの明るさピークは100NITだが、試作機では1,000〜10,000NITまで向上。これにより、ライトや太陽などの明るい光源や、金属や水などに光が当たった反射などをより豊かな質感で表示できるという。4K/8K放送向けの広色域規格であるBT.2020にも対応する。

解像度/明るさ(ダイナミックレンジ)/色再現性の向上により、高次元の映像表示が可能になるという。右はHDRの例。太陽の光がより鮮烈に表現されている

 なお、次世代Blu-ray Disc規格「ULTRA HD BLU-RAY」は、現在Blu-ray Disc Associationによって規格策定中で、まだ確定はしていない。

プレスカンファレンスで紹介
HDR技術にも対応する

(山崎健太郎)