ニュース

ウォークマン「NW-ZX2」のアプリ領域を誤設定の1GBで出荷。修理対応で2GBに

 ソニーは、ウォークマンの最上位モデル「NW-ZX2」の一部製品において、本体のストレージ容量と内部ストレージ容量の設定値が製品仕様と異なっていたため、修理対応を行なう。

NW-ZX2

 NW-ZX2はAndroid 4.2を搭載したウォークマンのフラッグシップモデル。128GBの内蔵メモリを内蔵し、そのうち2GB(1.97GB)をAndroidアプリなどが利用できる「内部ストレージ容量」と案内していた。2013年発売のNW-ZX1とNW-F880シリーズでは1GBだったため、NW-ZX2で強化されたポイントだ。

 しかしNW-ZX2の一部製品では、内部ストレージが1GB(0.98GB)で出荷されてしまい、Androidアプリを多く利用する場合、内部ストレージ容量が不足する。誤った容量で出荷された製品は、製造番号が5000001〜5002483までのもので、対象製造番号内でも仕様通りの製品も含まれているという。

 内部ストレージ容量は、NW-ZX2のステータスバーを下にスワイプし、[設定]-[ストレージ]から確認できる。


製品の仕様値 該当製品の値
(仕様と異なる)
本体ストレージ容量 113GB 114GB
内部ストレージ容量 1.97GB 0.98GB

 この不具合を修正するため、ソニーでは引取修理を実施。Webや電話で修理の申し込みが行なえる。詳細は同社の告知ページで案内している。

 NW-ZX2は、2月14日に発売開始したウォークマンの最上位モデル。ソニーストア直販価格は119,880円。音質にこだわった電源やシャーシ設計のほか、新たにmiroSDカードスロットを装備。内蔵128GBに加え、128GBまでのmicroSDに対応する。5.6MHzまでのDSD楽曲の再生(PCM変換)にも対応している。

(臼田勤哉)