ニュース

パイオニアのWi-Fi対応BDドライブ、iPhone/iPadへのCD直接取り込みが可能に

 パイオニアは、ワイヤレス接続対応のポータブルBD/DVD/CDドライブ「BDR-WFS05J」と、「ワイヤレスドック」(APS-WF01J)のファームウェアを7月7日にアップデート。新たに、iPhone/iPadへのPCレスでの音楽CD取り込みや、iPhone/iPad楽曲のUSBメモリやHDDへの書き出しなどが可能になる。

ワイヤレス接続対応BDドライブ「BDR-WFS05J」

 「BDR-WFS05J」は、パソコンと無線LAN(Wi-Fi)で接続してBDビデオ再生できるドライブで、「APS-WF01J」は、同ドライブのドック部を単品で販売している製品。アップデートにより、iPhone/iPadアプリの「Wireless Hi-Res Player 〜Stellanova〜」との連携に対応。iPhone/iPadとワイヤレス接続して、後述する新機能が使えるようになる。アプリの対応OSはiOS 7.1以降で、対応機種はiPhone 4S以降とiPad 2以降。

ワイヤレスドックの「APS-WF01J」
iPhone/iPadアプリの「Wireless Hi-Res Player 〜Stellanova〜」

 PCレスでの音楽CDリッピングが可能になり、非圧縮またはAAC形式でiPhone/iPadへの取り込める。BDR-WFS05J利用時は、高精度な読み取り機能の「PURE READ2+(原音再生)」を使ったCDリッピングが行なえる。

 また、iPhone/iPad内の楽曲データをUSBメモリやHDDに書き出して再生可能になる。ワイヤレスドックのAPS-WF01JにUSBメモリやHDD接続すると、PCを使わずにiPhone/iPad内にある楽曲データの書き出し/読み出し、直接再生が可能。これにより、iPhone/iPadの容量を気にせずに音楽を聴けるとしている。

 ワイヤレスドックのAPS-WF01JにDAC内蔵USBスピーカーをつなぐことで、音楽のワイヤレス再生にも対応。同社製のUSBスピーカー「ISS-C270AS」と組み合わせると、小音量でも高音質で臨場感のある音を楽しめるという。なお、ISS-C270ASはハイレゾ再生には対応しない。

 アプリの音楽再生機能として、21種類のプリセットイコライザが利用可能(DSD非対応)。Gracenote MusicIDより曲名/アルバム名/アーティスト名/ジャケット画像の自動取得/表示や、iPhone/iPad に保存した曲名/アルバム名/アーティスト名/ジャケット画像の編集が可能。音楽に合わせてグラフィックが動くビジュアライザーも利用できる。対応ファイル形式は、WAV、AIFF、ALAC、AAC、MP3、FLAC、DSD(dsf/dff)。

(中林暁)