ニュース

シャープ、ドラ丸+スマホQRコード表示の新BDレコーダ

新AQUOSブルーレイ8モデル。録画番組を「まと丸」表示

 シャープは、1クールのドラマをまるごと録画できる「ドラ丸」や新機能の「スマートフォンQRコード表示」などに対応したBDレコーダ「AQUOSブルーレイ」の新ラインナップ8モデルを10月29日より順次発売する。

BD-T3800/T2800/T1800

 トリプルチューナモデルはHDD容量3TBのBD-T3800、2TBのBD-T2800、1TBのBD-T1800の3モデルを容易。Wチューナは、2TBのBD-W2800、1TBのBD-W1800/W1800W、500GBのBD-W580の4モデル、シングルチューナはBD-S580の1モデルで、合計8製品で展開。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は55.000円〜12万円前後。

型番 チューナ HDD ドラ丸 スマホQR 店頭予想価格
BD-T3800 3 3TB 12万円
BD-T2800 2TB 9万円
BD-T1800 1TB 8万円
BD-W2800 2 2TB 8万円
BD-W1800 1TB 7万円
BD-W1800W 7万円
BD-W580 500GB 6万円
BD-S580 1 - 55,000円

 BD-W1800Wはホワイトモデル。その他7モデルのカラーはブラックとなる。

新機能「スマホQRコード表示」で番組見ながら情報アクセス

 新機能として、テレビ番組に関連するWebサイトのURLをQRコードに自動変換して表示する「スマートフォンQRコード表示」機能を全モデルで搭載。リモコンの「QRコード(番組情報)」ボタンを押すと、テレビ番組の情報とともに、番組に関連するWebサイトのURLを自動変換したQRコードもあわせて表示。QRコードをスマートフォン等で読み取って、番組関連Webサイトにアクセスできるため、テレビを見ながら関連情報を楽しめる。

リモコンのQRコードボタンを押すだけで、番組情報をQRコードで表示

 例えば出演者情報や番組内で紹介された店やスポット、料理のレシピ紹介などの関連情報とあわせて番組視聴が可能になる。放送中の番組だけでなく、録画番組でもQRコードを表示し、サイトへのアクセスが行なえる。

QRコードを撮影
QRコードの表示例

ワンボタンで「ドラ丸」起動。まと丸で効率的にテレビ視聴。

 連続ドラマの取り逃しを防ぐ「ドラ丸」機能も、トリプル/Wチューナモデルで搭載(シングルチューナの「BD-S580」は非搭載)。地上デジタル放送の新作ドラマを自動的にリストアップして4週間分録画する機能で、録画した新作ドラマを一覧表示して確認できる。4週間分録画するため、放送後に話題になった番組でも、遡って視聴できる。

BD-W1800WとBD-W2800/W1800/W580
BD-S580
リモコンに[ドラ丸]ボタンを新搭載

 新たにリモコンに[ドラ丸]ボタンを装備し、ワンボタンでドラ丸の番組リストを表示可能になり、使いやすさを向上した。

 録画番組はタイトルごとに一覧表示され、番組情報や出演者情報もチェック可能。録画後4週間経つと、古い番組から順次自動消去されるが、残しておきたい場合は、最終回まで続けて毎週予約/通常録画に切り替え可能。まとめて、BDへのダビングも行なえる。

 また、ドラマではなく、地上波の「新作連続アニメ」だけを録画することもできる。但し、ドラマとアニメの双方を同時の自動録画設定はできない。

ドラマ好きに[ドラ丸]表示
好きなドラマをドラ丸リストに追加

 もちろん、ドラ丸だけでなく、通常のレコーダ利用にも対応。最大12倍の長時間録画も行なえる。BD-T3800/T2800/T1800は地上/BS/110度CSデジタルトリプルチューナを搭載し、HDD容量はT3800が3TB、T2800が2TB、T1800が1TB。BD-W2800/W1800/W580はダブルチューナモデルで、HDD容量はW2800が2TB、W1800が1TB、W580が500GB。BD-S580はHDD 500GBのシングルチューナ機となる。

 新機能として「まと丸」も搭載。録画リストで緑ボタン(まとめ表示入)を押すと、同じタイトルの番組がフォルダごとにまとめて表示されるため、録画番組の検索/絞り込みが用意になる。まとめた番組の連続再生や、ダビング/消去/保護設定も一括で行なえる。

まと丸で録画番組を集約

 録画した番組の内容を小画面一覧で判断できる「番組内容まるわかり」も搭載。選択した番組の内容を一画面あたり最大60個(もしくは24個)の小画面で一覧表示できる機能で、子画面の間隔は1/2/3/4/5分から設定できる。小画面で気になるシーンを選んで、選んだ場所から視聴開始できる。

番組内容まるわかり

 番組カテゴリや人名で、録画したい番組や録画済みの番組が検索できる「簡単サクッと検索」や、見たい場面を子画面ですぐに探せる「新・見どころポップアップ」などに対応。また、いままで使用していたAQUOSブルーレイの録画番組を、新モデルに引き継ぐ「買い替え引っ越しダビング」に対応する。

 USB HDDの追加によるHDDの拡張にも対応。BD-T3800のみ、カートリッジ式のHDD「SHDD」も利用できる。また、SeeQVaultにも対応し、対応HDDなどにダビングした録画番組を他のSeeQVault対応機器で再生できる。

スマホからのリモート予約/視聴も

背面

 全モデルでEthernetを装備し、ネットワーク機能が利用可能。BD-W580/S580以外のHDD 1TB以上のモデルは無線LANも内蔵している。全モデルで、NexTV-Fによるリモート視聴に対応。Android/iOSアプリを使って、外出先からも録画/放送番組をスマートフォンで視聴できる「外からリモート視聴」が行なえる。外出先からの録画予約「AQUOSリモート予約」にも対応する。

 出力端子はHDMI×1、光デジタル音声出力×1、USB×2(データ用×1、外付けHDD用×1)など。コンポジット入力も備えている。

 消費電力はT3800が約29W、T2800/T1800が約26W、W2800/W1800が約25W、W580が約20W、S580が約19W。待機時消費電力はいずれも0.1W。年間消費電力量はT3800が約32kWh/年、T2800/T1800が約26kWh/年、W2800/W1800が約25.6kWh/年、W580/S580が約20kWh/年。

 外形寸法は全モデル共通で430×236×58mm(幅×奥行き×高さ)。重量はT3800が約3.5kg、T2800が約3.3kg、T1800が約3.1kg、W2800が約3.3kg、W1800が約3.1kg、W580/S580が約2.7kg。

(臼田勤哉)