ニュース

進化したテスラサウンド+ケーブル交換、beyerdynamic密閉最上位「T 5 p 2nd」

 ティアックは、独beyerdynamicの密閉型ヘッドフォン・フラッグシップモデル「T 5 p」の第2世代モデルとして、進化したテスラテクノロジーやケーブル交換に対応した「T 5 p 2nd Generation」を2月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13万円前後。

T 5 p 2nd Generation

 2010年発売「T 5 p」の第2世代モデル。1テスラ(=10,000ガウス)を超える強力な磁束密度を生み出す、独自の「テスラテクノロジー」を進化させたほか、第2世代向けに「暖かみのあるサウンドかつ正確な低音域を出力するチューニング」を施した。また、バッフルの形状も最適化し、形状と素材によって内部パーツが発生させる振動ノイズを抑制。よりクリアで幅広い空間表現を実現したという。

 再生周波数帯域は5Hz〜50kHz、出力音圧レベルは102dB(最大126dB)、歪率は0.05%以下。許容入力は300mW。ヘッドバンド側圧は約4.1N。イヤークッションやヘッドバンドの素材を一新し、しなやかな装着感に進化したとする。

 インピーダンスは32Ω。ポータブル用途やホームシアター鑑賞などでの利用を想定し、スマートフォンなど出力の低い機器でも「テスラサウンド」を楽しめるようにした。

セミハードケース

 ケーブルは両出しで、新たに着脱可能とした。付属のケーブルは1.4mの両出しタイプで、ミニプラグを採用。導体には7N OCC線を採用し、ケーブルの外装被覆にはノイズに強く、肌触りの良いテキスタイルコーティングを施している。また、オプションでXLRバランスの3mケーブル「B CABLE T1 2G」も用意される。

 本体重量は350g。ドイツ工場でハンドメイド生産される。付属品はステレオ標準アダプタやセミハードケース。

(臼田勤哉)