ニュース

音茶楽、山櫻無垢材を使った限定約500台のイヤフォン「Flat4-櫻Plus/緋櫻Plus」

 音茶楽は、オークヴィレッジとコラボレーションしたイヤフォンの新モデル「Flat4-櫻Plus(SAKURA Plus)」と「Flat4-緋櫻Plus(AKAZAKURA Plus)」を3月11日に発売する。価格はオープンプライスで、音茶楽Sound Customizeでの販売予定価格は各75,000円。2モデル合わせ、国内外トータルで500台弱の限定販売となる。どちらもハイレゾ再生に対応する。

「Flat4-櫻Plus(SAKURA Plus)」

 販売店舗は、フジヤエービック、eイヤホン、山野楽器銀座本店、ヨドバシカメラの一部店舗、オークヴィレッジと音茶楽Sound Customize店舗など。3月5日にオークヴィレッジ自由が丘ショールームにてトークイベント「イヤホン作りの限界に挑む」を開催し、イベント終了後に「Flat4-櫻Plus」と「Flat4-緋櫻Plus」の試聴展示と少量先行販売も予定している。

「Flat4-緋櫻Plus(AKAZAKURA Plus)」

 どちらのモデルも、音響回路に位相補正チューブを用いた「ツイン・イコライズド・エレメント方式」を採用。10mm径のダイナミック型ユニット×2を搭載しており、対向エレメント配置により、振動系の反作用による機械振動をキャンセルする。Flat4-楓弐型/緋楓弐型の後継モデルと位置づけられている。

 2機種の違いは位相補正チューブの長さ。28mmの標準タイプが「Flat4-櫻Plus」、長めの30mm仕様が「Flat4-緋櫻Plus」となる。カナル型の音質劣化の原因となる、外耳道を塞ぐ事で生じる6kHz付近の共振を低減する機構だが、ユーザーの外耳道の長さと位相補正チューブの長を合わせることで、より良い音質が得られるとする。そのため、位相補正チューブの長さが異なる2モデルをラインナップしている。

28mmの標準タイプが「Flat4-櫻Plus」
長めの30mm仕様が「Flat4-緋櫻Plus」

 ユニットには銅メッキプレートとヨークを採用。ツインエレメント並列駆動により低音〜中音域の音圧感度を向上させているほか、音響抵抗の削除や小型エレメントの採用により、超高音域も劇的に改善。「オープンエア型の音の拡がりを実現した」とする。

 筐体のフロントとリアキャビネットには液晶ポリマーを採用。センター部分は山櫻無垢材の削り出しで、生漆拭き漆仕上げ。飛騨高山で、職人が仕上げており、「Flat4シリーズの中では最も柔らかい音に仕上がった。かすかな余韻まで優しく奏でる」という。

 出力音圧レベルは104dB/mW。磁気回路にはネオジウムマグネットを使用。周波数特性は3.5Hz〜45kHz。最大入力は400mWで、ボイスコイルには特殊CCAW線を採用。インピーダンスは18Ω。

 ケーブルは1.2mのY型。ケーブルの分岐-プラグ間は4芯構造で、左右チャンネルのグラウンドを分離してセパレーションを向上させた。入力端子はステレオミニの3極となる。重量は約17g。収納箱やL型接続ケーブル、クリーニングクロスなどを同梱する。

 フォームタイプのイヤーピース「コンプライT-200」M/Lサイズと、シリコン製ピースの「SpinFit」S/M/Lを同梱する。

収納箱

(山崎健太郎)