◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

米Apple、iPhone OS 3.0を2009年夏に提供

−コピー&ペーストやボイスメモ、Bluetooth強化など


3月17日(現地時間)発表



 米Appleは17日(現地時間)、米国でiPhone/iPod touch用の次世代OS「iPhone OS 3.0」の説明会を開催し、iPhone OS 3.0の新機能を紹介した。iPhone OSは2009年夏に公開予定で、iPhoneユーザーには無償で提供され、iPod touchユーザーには9.95ドルで販売される。開発者向けのベータ版SDKは17日より提供される。

 iPhone OS 3.0では、1,000以上の新しいAPIを含んでおり、アプリケーション内からApp Storeで決済する方法などが用意される。また、App Storeで販売形態も従来の売り切りだけでなく、サブスクリプション型(期間限定の使用権販売)の決済にも対応。e-bookなどの販売を予定しているという。

 新たにコピーアンドペーストに対応。テキストデータなどのコピー/ペースト/カットが可能となる。ボイスメモアプリや、検索機能の「Spotlight」も追加。シェイクでシャッフル機能や、Messagesアプリケーションを使って写真、連絡先、オーディオファイル、位置情報を送受信できるMMSも追加される。

 また、ステレオのBluetoothに対応。パソコンとの同期だけでなく、ゲーム中に他のiPhoneと接続して音声コミュニケーションなどを楽しむことができる。各アプリケーションから、FMトランスミッタなどの周辺機器のコントロールにも新たに対応。また、アプリからiPhone/iPodの音楽ライブラリにアクセスすることも可能となる。

 さらに、マップ機能ではGoogleモバイルマップをアプリ内で呼び出して利用可能となり、GPSをつかった現在地表示なども行なえる。また、アプリの新着情報などを音やメッセージで通知するアプリからのプッシュ型通知機能も追加される。Stock(株式情報)のアプリケーションも強化。フルスクリーンでのチャート確認などが可能となる。カレンダー機能ではCalDAV形式を新たにサポートする。


2009318日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.